すたみな太郎がコロナ閉店で話題!

食べ放題「すたみな太郎」約1割が閉店へ 広報「コロナで相当なマイナス影響」

 

バーガーキング、「大量閉店」に潜む“真実” – MONEY PLUS

ネット上では「日本から再撤退か」との噂も飛び交いましたが、真相は異なるようです。 バーガーキングの運営を手がけるビーケージャパンホールディングス(HD)の広報窓口は5月20日、今回の大量閉店についてMONEY PLUSの取材に回答しました。


食べ放題チェーン「すたみな太郎」が大量閉店する。運営会社の江戸一(東京都足立区)は2020年3月23日、全店舗の約1割にあたる12店舗を閉鎖すると発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大による業績への影響は免れず、同社は取材に「相当なマイナス影響はあります」と話す。

「どうか持ち堪えてほしい...」

 すたみな太郎は、全国約150店舗に展開する食べ放題チェーン。焼肉や寿司、デザートなど最大130種類のメニューを揃える。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、外食産業を取り巻く環境は厳しさを増し、同店も例外ではない。
「大量閉店」時代を生き抜くIT活用策 | 日経クロステック(xTECH)
xtech.nikkei.com/atcl/nxt/mag/nc/18/032200033/
-キャッシュ
大量閉店」時代を生き抜くIT活用策. さらば閑古鳥 特集をフォロー. 染原 睦美. 日経コンピュータ. (イラスト:渡辺 鉄平). 百貨店、書店、銀行、携帯ショップ、アパレル―。 日本全国で実店舗の閉店が相次いでいる。人口減と長引く消費低迷、EC市場の勃興という


引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-00000008-jct-bus_all