死にたくない作業員はブラック企業大成建設の仕事はするな!

ビル工事現場、3人転落死…床板が突然外れる

11日午後4時半頃、東京都千代田区丸の内のビル工事現場で、男性作業員3人が転落したと、工事関係者から119番があった。

丸の内3-2ビル建設現場で3人転落死亡 大成建設・ゼネコン | 建設情報 ...

11日午後4時半ごろ、東京都千代田区丸の内3丁目の大成建設のビル建設工事現場から、「作業員が地下3階に転落した」と119番通報があった。 50代と40代の男性作業員計3人が転落、いずれも病院で死亡が確認された。

 3人は病院に搬送されたが、全員死亡が確認された。警視庁丸の内署は業務上過失致死容疑を視野に、工事関係者から当時の状況について事情を聞いている。

 

 同署幹部によると、工事現場では当時、5階のエレベーター設置用に吹き抜けとなっている部分で、壁の基礎工事が行われていた。50歳代の作業員が鉄製の床板を足場に作業していたところ、床板が突然外れ、床板とともに地下3階部分まで転落。別の作業をしていた40歳代の2人も巻き込まれたという。東京消防庁によると、5階から地下3階までの落差は約25メートルだった。

 

 現場はJR東京駅の西約300メートルにあるオフィス街の一角。ビルは2015年11月に着工し、東京会館などの跡地に、地上30階地下4階の商業施設の建設が進められている。完成は18年10月の予定。

丸の内ビル工事現場の転落死亡事故 足場の鉄板外れる | NHKニュース

11日、東京・丸の内のビルの工事現場で作業員3人が転落して死亡した事故で、ビルの5階部分で壁を造るための基礎工事が行われていた際、足場の鉄板

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170811-00050067-yom-soci

 

施工業者は大成建設の下請け会社? - 新国立競技場工事で新卒を過労死 ...

2007年(平成19年)9月26日 – TKN(大成建設、鹿島建設、新日鉄エンジニアリングのジョイントベンチャー)が建設中のカントー橋が崩落し、死者55人、負傷者79人を出す大事故となった。 調査の結果、事故の主因は予測不可能であった

 

博多陥没、大成建設社長が謝罪 「事故予見できず」 :日本経済新聞

 JR博多駅(福岡市博多区)近くの道路陥没事故で、事故原因となった工事を施工した共同企業体(JV)代表の大成建設の村田誉之社長が15日、福岡市内で記者会見し「ご迷惑をおかけし申し訳ない」と謝罪した。

新国立競技場工事で新卒を過労死自殺させたブラック企業大成建設 

新国立競技場の建設作業員が過労自殺したとして、遺族が労災申請し、話題となっています。