埼玉県の店舗内装解体、現状回復一括工事お見積り無料!

   埼玉県の内装解体なら埼玉の内装解体専門関東クリーンセンターへ。内装解体の見積り、内装解体ご相談は無料!埼玉の店舗内装解体工事費用は自社内装解体工事で行う為、中間業者を通さないので関東クリーンセンターは格安価格です。

例えば、大手内装解体業者に依頼した場合など、中間業者、下請け内装解体業者などへの、お客様には見えない中間マージン内装解体費用が発生致します。また、インターネットでの内装解体工事一括無料見積りでも解体業者サイト管理会社(管理人)側に解体業者紹介マージン費用が発生致します。

  関東クリーンセンターでは中間マージン費用や解体業者紹介マージン費用はなく、余分な費用を掛けていないから格安価格に出来るのです。埼玉県で店舗内装解体工事や家屋解体工事をご依頼する場合は直接KCC関東クリーンセンターまでご相談ください。


埼玉の内装解体工事での注意事項

埼玉県の店舗内装解体工事での注意事項ですが、まず不法投棄業者にはご注意下さい。不法投棄が発覚した時、お客様にも被害が及ぶ事があります。

環境対策からも不法投棄は絶対にいけません。

 

埼玉で内装解体工事お見積取得方法

当社関東クリーンセンターでは、現地調査を行いお見積り致します。

現地調査を行う最に現地調査場所図面や内装解体工事箇所を明確にする事で

有価物、産廃量をスムーズに算出し易く出来ますのでお客様とご一緒に

現地調査を行っております。

 

埼玉で店舗、事務所、マンションの内装解体工事、現状回復工事までご対応

埼玉県で店舗の新店、開店、リフォームまたは店舗閉店時の原状回復工事を行います。
店舗やオフィス原状回復工事、飲食店の改装工事原状回復工事、原状回復工事リニューアル、店舗閉店や一部内装解体、原状回復工事などの内装解体工事をお考えのお客様は、関東クリーンセンターへお任せください。お客様の業務スケジュールや開店閉店までのスケジュールなどにあわせ、近隣に迷惑や妨げにならないよう十分に配慮しながら、迅速、丁寧な作業を致します。

 

埼玉の店舗内装スケルトン解体工事や店舗原状回復工事

厨房機器什器備品の買取りも行っています。

埼玉県で店舗内装解体一式、店舗原状回復工事一式はKCCへお任せください。
近隣テナント配慮する為、限られた時間しか工事が出来ない等お客様のご都合、ご要望に合わせ柔軟に対応致します。
厨房機器、空調機器の買取は10年以内の機器であれば買取対象致します。

業務用冷蔵庫、熱調理機器、調理機器、ショーケース、シンク、作業台、調理台、吊戸棚、食器棚、イス、テーブル、特殊機械、店内装飾品等

 

埼玉の店舗内装解体工事費用について

埼玉県の店舗内装解体工事費用に関しては、店舗の立地条件や建物の構造や材質、面積、周辺環境によっても価格に差がるため、現地調査依頼をお勧め致します。

店舗内装は、様々な内装材や材質がありますので、廃棄物処分料や解体作業量が解体店舗により変動してきます。また、重機やトラックなどが入れない狭い道路や山の上では、手での解体、手運びとなりますので、期間もかかり費用がかさんでしまいます。

埼玉県の内装解体お見積りご相談は無料ですので、関東クリーンセンターへ是非ご連絡ください。

 

埼玉のレンタルコンテナ、貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け等

近年需要が高まっているトランクルーム・レンタル倉庫ですが、需要があるにつれて

トランクルームレンタル代金の延滞や代金未納で倉庫内置物を放置状態など様々な

理由で収納コンテナ倉庫管理会社様が手に付けれない状態の貸し倉庫が需要の増加と

共に増加傾向にあります。

問題の代金未納で倉庫内置き去り物件の理由として、金銭に余裕が無くなったや必要な物が要らなくなったから貸し倉庫の賃貸料金を払わない、突然に賃貸人失踪行方不明で代金未納、倉庫内放置状態や貸し倉庫代金は支払えるが高齢の為倉庫内の他移動困難、賃貸人他界で賃貸人身内相続放棄で貸し倉庫、レンタルコンテナ内不用品の

片付け搬出撤去処分を管理会社側では困難等があります。

その様な状況に応じて、レンタルルスペース、貸し倉庫、レンタルコンテナの管理会社様やオーナー様のご要望に応じ柔軟に対応しております。

 

 

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付けお見積り等々お気軽にお問い合わせください。

※お問い合わせの際はお名前連絡先の入力を忘れずにしてください。

 

 

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

埼玉県公式ホームページ

 

県政情報、電子行政窓口。トピック、県広報誌、広報テレビ番組案内。

‎健康・福祉 · ‎教育委員会 · ‎組織情報 · ‎くらし・環境

 

 

 

埼玉県は、関東地方の中央西側内陸部に位置する県。県庁所在地はさいたま市。都道府県別の人口は東京、神奈川、大阪、愛知に次ぐ全国第5位。人口密度は東京、神奈川、大阪に次ぐ全国第4位。

 

浦和県、岩槻県、忍県が統合してできた旧埼玉県(現在の埼玉県の東側3分の1)の設置当初、県庁が埼玉郡岩槻町(現:さいたま市岩槻区)に置かれる予定であったため、その郡名から埼玉県と名付けられた。しかし、岩槻に県庁に適した建物が無く、県庁業務は足立郡浦和宿(現:さいたま市浦和区)の旧浦和県庁舎で行われた。一方、現在の埼玉県の西側3分の2に当たる地域は入間県となり、その後、群馬県と合併して熊谷県となるも僅か3年で熊谷県は解消され、旧入間県地域は旧埼玉県と合併して現在の埼玉県が誕生した。その際に、埼玉県の名称のまま県庁所在地も浦和宿となったため、岩槻町が実質的な県庁として機能することはなかった。1890年(明治23年)9月25日には、勅令により正式に北足立郡浦和町が県庁所在地となった。

「埼玉」の地名の発祥地は「埼玉郡埼玉(さきたま)村」(現:行田市大字埼玉)である。その名称の由来は諸説あるが、埼玉古墳群が由来とする説や、幸福をもたらす神の働きを意味する「幸魂」(さきみたま)から名づけられたとする説がある。奈良時代の『万葉集』に「前玉」「佐吉多万」(さきたま)という記述があり、また、平安時代の『和名類聚抄』に「埼玉」「佐伊太末」(さいたま)という郡名がみられる。

当時、既に「さいたま」と呼ばれていることが分かる。  大観的に「さきたま」「さいたま」どちらの発音も同義として解釈されるが、「さきたま」の方が古い語である。これは日本語発音上でのイ音便と呼ばれる変遷の一例で、大分(碩田:おおきた→おおいた)なども同様の例である。

 

さいたま地域 - さいたま市

内陸県唯一の政令指定都市で、もともと県庁所在地であった旧浦和市(現浦和区・南区・緑区・桜区)時代から県政の中枢地として機能している。人口においても旧浦和市、現さいたま市ともに県内1位で、市街地も県内最大規模となっている。江戸時代以降、浦和以北では、大宮台地(浦和大宮支台)上に中山道が通ったことで市街地が発達し、現在ではこの旧中山道に並行して京浜東北線・高崎線が通っている。西には荒川が、東には元荒川が流れる。浦和レッドダイヤモンズの本拠地があり、サッカーの街としても著名である。

南部地域 - 川口市、蕨市、戸田市

北足立郡の南部に属していた地域が該当する。中心となる川口市は超高層マンションが林立し、政令指定都市以外では国内3番目の人口を有している。川口市と蕨市は同じ京浜東北線沿線として関わりが深いが、戸田市は埼京線沿線に位置し、川口市との関係はやや薄い。それと対照に蕨市と戸田市は同じ中山道沿線に位置し、歴史的に関わりが深い。蕨市は全国の市の中で最も面積が狭いことで知られている。

県央地域 - 上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、伊奈町

北足立郡北部に属していた地域が該当する。伊奈を除く4市は中山道沿いの宿場町で、現在も高崎線沿線として関係性が強い。伊奈町はさいたま市のベッドタウンとして宅地化が進行している。

南西部地域 - 朝霞市、新座市、志木市、和光市、富士見市、ふじみ野市、三芳町

北足立郡の西部(旧新座郡域)、入間郡東部に属していた地域が該当する。東京都に近接し、東武東上線や川越街道沿いに宅地化が著しい。新座市は都営地下鉄大江戸線の延伸のための大規模な区画整理事業を予定しており、県内から都心に直通する路線が増加する予定となっている。

東部地域 - 春日部市、草加市、越谷市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町

おおむね南埼玉郡と北葛飾郡の南部および2つの郡の南部に属していた地域と草加市(ほとんどが北足立郡)が該当する。高度経済成長期以降東京との近接性から東武伊勢崎線沿線を中心に宅地化が進行し、越谷市や草加市で人口が増加した。越谷レイクタウンの造成に力を入れた越谷市が地域でも最も人口が多く、草加市、春日部市と続く。

西部地域 - 所沢市、飯能市、狭山市、入間市、日高市

おおむね、入間郡の南部に属していた地域が該当する。三富新田などの広がる武蔵野台地から西に行くにつれ台地―丘陵と遷移し奥武蔵と呼ばれる。関東旧来の生活風俗が色濃く残る地域でもある。県内よりも多摩地域と繋がりが深く、西武池袋線・西武新宿線を中心とする都市軸が形成されている。埼玉西武ライオンズの本拠地のある所沢のほか、狭山・入間は狭山茶の産地として知られる。柳瀬川流域には現在も武蔵野の原風景を残している地区があり、宮崎駿監督のアニメーション映画「となりのトトロ」ではその舞台となった(所沢市松郷周辺など)。また、2017年には世界初進出のムーミンに関するテーマパーク「メッツア」が飯能市に開業する予定となっている。

川越比企地域 - 川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、毛呂山町、越生町

川越比企地域(東松山事務所管内)- 東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、東秩父村

入間郡北部と比企郡、およびこの2郡に属していた地域。小江戸と呼ばれる川越藩の城下町川越を中心として東武東上線や関越自動車道が延びる。北部の比企地域の中心となるのは東松山市で、比企丘陵・岩殿丘陵・吉見丘陵・嵐山渓谷など外秩父の自然美が広がり、国営武蔵丘陵森林公園もある。古来より秩父地方とともに武蔵国の枢要であり、畠山氏や河越氏が活躍した。

北部地域 - 熊谷市、深谷市、寄居町

北部地域(本庄事務所管内)- 本庄市、美里町、神川町、上里町

おおむね、児玉郡、大里郡およびこの2郡に属していた地域が該当する。北端を利根川、南を荒川が流れており低地や台地を主体とするが、秩父地方に接する南西側に近づくにつれ丘陵へと遷移する。熊谷の商業地を中心に、周辺都市や隣接する群馬県から消費者が流入する。工業は各地の工業団地を中心に発達している。また、渋沢栄一や塙保己一の出身地として観光ルートの設定、特産物の深谷ねぎをモチーフにしたふっかちゃんをアピールした地域振興が特色となっている。

利根地域 - 行田市、加須市、羽生市、久喜市、蓮田市、幸手市、白岡市、宮代町、杉戸町

おおむね南埼玉郡と北葛飾郡の北部、北埼玉郡およびこの3郡に属していた地域が該当する。北部に利根川が流れ、比較的農業が盛んな地域となっている。また、さきたま古墳群や忍城などの観光地も存在する。地域内を南北に東北自動車道が、東西に首都圏中央連絡自動車道が交差し、近年物流拠点として沿線での倉庫・工場立地が活発化している。

秩父地域 - 秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町

秩父郡および同郡に属していた地域が該当する。県の一番西側に位置する地域である。関東山地やその周辺の山々とそれらに囲まれた秩父盆地からなり、秩父三十四箇所巡礼や秩父夜祭、秩父芝桜などの観光産業が発達。結晶片岩の岩畳を特徴とする長瀞の景勝地は、サメなどの古生物の化石が発掘されることから「日本地質学発祥の地」「地球の窓」とも呼ばれ、古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群が国の天然記念物に指定されている。

 

 さいたま市

西区 北区 大宮区 見沼区 中央区 桜区 浦和区 南区 緑区 岩槻区

その他市部

川越市 熊谷市 川口市 行田市 秩父市 所沢市 飯能市 加須市 本庄市 東松山市 春日部市 狭山市 羽生市 鴻巣市 深谷市 上尾市 草加市 越谷市 蕨市 戸田市 入間市 朝霞市 志木市 和光市 新座市 桶川市 久喜市 北本市 八潮市 富士見市 三郷市 蓮田市 坂戸市 幸手市 鶴ヶ島市 日高市 吉川市 ふじみ野市 白岡市

北足立郡

伊奈町

入間郡

三芳町 毛呂山町 越生町

比企郡

滑川町 嵐山町 小川町 川島町 吉見町 鳩山町 ときがわ町

秩父郡

横瀬町 皆野町 長瀞町 小鹿野町 東秩父村

児玉郡

美里町 神川町 上里町

大里郡

寄居町

南埼玉郡

宮代町

北葛飾郡

杉戸町 松伏町

 

 

 

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%BC%E7%8E%89%E7%9C%8C

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市