東京都目黒区の店舗内装解体、現状回復一括工事お見積り無料!


   東京都目黒区の内装解体なら埼玉の内装解体専門関東クリーンセンターへ。内装解体の見積り、内装解体ご相談は無料!東京目黒区の店舗内装解体工事費用は自社内装解体工事で行う為、中間業者を通さないので関東クリーンセンターは格安価格です。

例えば、大手内装解体業者に依頼した場合など、中間業者、下請け内装解体業者などへの、お客様には見えない中間マージン内装解体費用が発生致します。また、インターネットでの内装解体工事一括無料見積りでも解体業者サイト管理会社(管理人)側に解体業者紹介マージン費用が発生致します。

  関東クリーンセンターでは中間マージン費用や解体業者紹介マージン費用はなく、余分な費用を掛けていないから格安価格に出来るのです。東京都目黒区の店舗内装解体工事や家屋解体工事をご依頼する場合は直接KCC関東クリーンセンターまでご相談ください。


東京目黒区の内装解体工事での注意事項

東京都目黒区の店舗内装解体工事での注意事項ですが、まず不法投棄業者にはご注意下さい。不法投棄が発覚した時、お客様にも被害が及ぶ事があります。

環境対策からも不法投棄は絶対にいけません。

 

東京目黒区の内装解体工事お見積取得方法

当社関東クリーンセンターでは、現地調査を行いお見積り致します。

現地調査を行う最に現地調査場所図面や内装解体工事箇所を明確にする事で

有価物、産廃量をスムーズに算出し易く出来ますのでお客様とご一緒に

現地調査を行っております。

 

東京目黒区の店舗、事務所、マンションの内装解体工事、現状回復工事までご対応

東京都目黒区で店舗の新店、開店、リフォームまたは店舗閉店時の原状回復工事を行います。
東京目黒区の店舗やオフィス原状回復工事、飲食店の改装工事原状回復工事、原状回復工事リニューアル、店舗閉店や一部内装解体、原状回復工事などの内装解体工事をお考えのお客様は、関東クリーンセンターへお任せください。お客様の業務スケジュールや開店閉店までのスケジュールなどにあわせ、近隣に迷惑や妨げにならないよう十分に配慮しながら、迅速、丁寧な作業を致します。

 

東京目黒区の店舗内装スケルトン解体工事や店舗原状回復工事

厨房機器什器備品の買取りも行っています。

東京都目黒区の店舗内装解体一式、店舗原状回復工事一式はKCCへお任せください。
近隣テナント配慮する為、限られた時間しか工事が出来ない等お客様のご都合、ご要望に合わせ柔軟に対応致します。
厨房機器、空調機器の買取は10年以内の機器であれば買取対象致します。

業務用冷蔵庫、熱調理機器、調理機器、ショーケース、シンク、作業台、調理台、吊戸棚、食器棚、イス、テーブル、特殊機械、店内装飾品等

 

東京目黒区の店舗内装解体工事費用について

東京都目黒区の店舗内装解体工事費用に関しては、店舗の立地条件や建物の構造や材質、面積、周辺環境によっても価格に差がるため、現地調査依頼をお勧め致します。

店舗内装は、様々な内装材や材質がありますので、廃棄物処分料や解体作業量が解体店舗により変動してきます。また、重機やトラックなどが入れない狭い道路や山の上では、手での解体、手運びとなりますので、期間もかかり費用がかさんでしまいます。

東京目黒区の内装解体お見積りご相談は無料ですので、関東クリーンセンターへ是非ご連絡ください。

 

東京目黒区でレンタルコンテナ、貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け等

近年需要が高まっているトランクルーム・レンタル倉庫ですが、需要があるにつれて

トランクルームレンタル代金の延滞や代金未納で倉庫内置物を放置状態など様々な

理由で収納コンテナ倉庫管理会社様が手に付けれない状態の貸し倉庫が需要の増加と

共に増加傾向にあります。

問題の代金未納で倉庫内置き去り物件の理由として、金銭に余裕が無くなったや必要な物が要らなくなったから貸し倉庫の賃貸料金を払わない、突然に賃貸人失踪行方不明で代金未納、倉庫内放置状態や貸し倉庫代金は支払えるが高齢の為倉庫内の他移動困難、賃貸人他界で賃貸人身内相続放棄で貸し倉庫、レンタルコンテナ内不用品の

片付け搬出撤去処分を管理会社側では困難等があります。

その様な状況に応じて、レンタルルスペース、貸し倉庫、レンタルコンテナの管理会社様やオーナー様のご要望に応じ柔軟に対応しております。

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付けお見積り等々お気軽にお問い合わせください。

※お問い合わせの際はお名前連絡先の入力を忘れずにしてください。


コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

目黒区公式ホームページ

 

目黒区

‎区の窓口 · ‎引っ越しに関する手続き・証明 · ‎戸籍届出・戸籍証明 · ‎イベント情報

 

 

東京23区の南西部に位置する。主に住宅地として発展。なお、目黒の地名の由来には諸説あり、はっきりしていない。

編入された82町村は20区に編成され、東京市は既存の15区と合わせ、35区から構成されることとなった。この時、目黒町と碑衾町の区域をもって目黒区が新設された。

昭和18年(1943年)7月1日、東京府と東京市が廃止されて、新たに東京都が設置された。この時、目黒区を含む35区は東京都直轄の区となった。

 

駒場町 目黒町上目黒(字駒場) 1932 1969 駒場1〜4、青葉台4

三田 目黒町三田 1932 1967 三田1・2、中目黒1

上目黒一〜八丁目 目黒町上目黒 1932 1968 中央町2、中目黒1、中町2、青葉台1〜4、上目黒1〜5、東山1〜3、祐天寺1・2、五本木1〜3、大橋1・2

中目黒一〜四丁目 目黒町中目黒 1932 1967 目黒1〜3、中央町1・2、中目黒1〜5、中町1・2、上目黒1、三田2、祐天寺2、五本木2

下目黒一〜四丁目 目黒町下目黒 1932 1967 目黒1〜4、下目黒1〜6、中町1、三田2

鷹番町 碑衾町鷹番 1932 1966 鷹番1・2、中央町1 大字鷹番の成立は1932年

唐ヶ崎町 碑衾町碑文谷 1932 1966 中央町1・2

清水町 碑衾町碑文谷 1932 1966 目黒本町1・2・4、鷹番1、碑文谷1

月光町 碑衾町碑文谷(字月光町) 1932 1966 目黒本町3・4 字「月光町」の成立は1930年

碑文谷一〜三丁目 碑衾町碑文谷 1932 1966 碑文谷1〜4、鷹番1、目黒本町2・4・6

向原町 碑衾町碑文谷(字向原町・門前町) 1932 1966 目黒本町4〜6 字「向原町」の成立は1930年

東町 碑衾町碑文谷(字東町・金杉町) 1932 1966 目黒本町3・5 字「東町」の成立は1930年

原町 碑衾町碑文谷(字原町一丁目・原町三丁目) 1932 1967 原町1・2、洗足2 字「原町」の成立は1930年

洗足 碑衾町碑文谷 1932 1967 洗足1・2

宮ヶ丘 碑衾町碑文谷 1932 1966 南1・3、碑文谷3

高木町 碑衾町碑文谷(字高木町一丁目) 1932 1966 南1 字「高木町」の成立は1930年

富士見台 碑衾町碑文谷(字高木町二丁目) 1932 1967 南1・3、洗足2

三谷町 碑衾町三谷 1932 1967 五本木3、鷹番3、碑文谷6 大字三谷の成立は1932年

本郷町 碑衾町本郷 1932 1967 碑文谷2・5、鷹番1 大字本郷の成立は1932年

芳窪町 碑衾町衾 1932 1964 東が丘1、八雲4

大原町 碑衾町衾 1932 1964 東が丘1・2、八雲5

柿ノ木坂 碑衾町衾 1932 1966 柿の木坂1〜3、碑文谷5

衾町 碑衾町衾 1932 1964 八雲1〜5

宮前町 碑衾町衾 1932 1964 八雲2・3

中根町 碑衾町衾 1932 1964 八雲1・2、中根1・2、柿の木坂1

平町 碑衾町衾 1932 1964 平町1・2、中根1

自由ヶ丘 碑衾町自由ヶ丘 1932 1964 自由が丘1〜3 大字自由ヶ丘の成立は1932年

緑ヶ丘 碑衾町衾 1932 1964 緑が丘1〜3、自由が丘1

大岡山 碑衾町衾 1932 1964 大岡山1・2

 

 

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%AE%E9%BB%92%E5%8C%BA

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%AE%E9%BB%92%E5%8C%BA%E3%81%AE%E7%94%BA%E5%90%8D

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市