東京の飲食店舗増加で話題!

東京都の新型コロナウイルス関連倒産(法的整理または事業停止、負債1000万円未満・個人事業者含む)が50件に到達した。6月4日14時30分までに帝国データバンクが確認した。

 

 

飲食店 閉店時になぜ 原状回復工事 が必用なのか - 店サポ 
2019年7月16日-飲食店 閉店時になぜ 原状回復工事 が必用なのか飲食店をはじめようと物件が決まり賃貸借契約を交わす際によもや解約する時のことを想像する方はいらっしゃらないでしょう。


 東京都の新型コロナウイルス関連倒産第1号が確認されたのは、さかのぼること3月24日。総合アミューズメント施設「キラキラAsobox」などを全国に展開する(株)エターナルアミューズメント(千代田区)が破産申請の準備に入ったことだった(その後、同社は4月3日に破産手続き開始決定)。

 

 以後、確認ベースで10件(4月16日)、20件(4月24日)、25件(5月1日)、30件(5月13日)、40件(5月27日)と推移し、第1号案件確認から72日後にあたる本日、50件目を確認した。

 1~25件の確認に要した日数は38日だったのに対し、26~50件の確認に要した日数は34日だった。                                                                                        

 

飲食店の原状回復工事と明渡しにかかる費用(敷金償却・返還)
飲食店物件を借りる際に賃貸借契約を結びます。月々の賃料や敷金の額に意識が行きがちです。契約後は、一般的な契約期間2年か3年に一度の更新契約時以外はあまり契約書の存在を気にすることもないでしょう。


引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/2632fce8fc2153bd74692fc84de39571df64a067