解体工事に関するニュース!

新たな伝説の舞台となる新国立競技場! その姿はどうなるのか?〈ASAhIパソコン〉


国立競技場の解体作業が進んでいる。何もなくなりつつある国立競技場を見ると、なんだか忍びなくなる。その後に建てられる「新国立競技場」だが、2020年の東京オリンピック開催案では、その奇抜なデザインが目を引いたものだ。一体、どんなものになるのだろうか?

 建設から半世紀以上が経過している現在の国立競技場は、世界トップレベルの競技を実施するには設備が古すぎ、新たな競技場の建設はオリンピック開催では不可欠だったのだ。今年は2015年、東京オリンピックまであと5年であり、その前年のラグビーW杯でも、新国立競技場の使用が決定している。つまりあと4年しかない。

 その新国立競技場建設が、すでに綱渡りの状態になっている。新たな建設のためには現在の競技場を解体しなければならない。しかし、その解体工事は当初、2014年7月に始まる予定だったが、2度にわたる解体工事入札の不成立があり、実際に解体工事が始まったのは2015年2月だった。それでも完成は2019年3月と計画は変更されていない。収容人数8万人を超える巨大スタジアムの建設には、時間がなさ過ぎるという声もある。

 それだけではない。そもそも当初の設計案は巨大すぎ、奇抜すぎるという意見も多い。設計を担当したザハ・ハディッド氏は、建設界のノーベル賞と言われるブリッカー賞を受賞しているが、一方で「アンビルド(建設できない)の女王」という異名を持つ。その奇抜なデザインは、批判されることも多く、そのデザインと施設の巨大さから、建設費が莫大なものになると試算されている。

 当初、新国立競技場の建築費は約1300億円と見込まれていたが、ハディット氏のデザインでは、3000億円はかかるとされ、東京オリンピック開催が決定したその年のうちに、競技場の規模を大幅に縮小、建設費を1800億円以下に抑える計画を発表している。それでも細部の設計は終わっておらず、「さら地になってからでも細部の設計は変更できる」という声さえも聞かれる。

 そして問題は、これだけの巨大スタジアムをどうやって維持していくかだ。年間維持費だけでも35億円はかかると考えられている。当然、スポーツによる使用だけでは維持できず、音楽イベントをはじめとする多角的な活用が必要だが、そのためには全天候型の屋根があったほうがいい。しかし、この屋根が建築費を押しあげているのも事実なのだ。当初の建築費を抑えて、将来的な用途を制限してしまうのか、それとも巨額の建築費を受け入れて用途拡大を図り維持費を確保するのか。いずれにせよ、ギャンブルめいた雰囲気がただよう。

 一方、隣接する神宮球場、秩父宮ラグビー場を含めた近隣の再開発も計画されている。東京オリンピック時には、現在の秩父宮ラグビー場を取り壊して駐車場として活用、その後、新神宮球場を建設するという。現在の神宮球場跡地には新たなラグビー場を建設する計画だという。隣接するテニスコートや民間ビルなどを含めて、神宮外苑周辺をスポーツの一大拠点とする計画なのだ。



 「スポーツは人がやるものであり、施設は関係ない」というのは絵空事にすぎない。トップレベルのスポーツを実施するには、それにふさわしい施設が必要だ。だが現在、リオデジャネイロ五輪を控えるブラジルでは、施設工事が間に合わないのではないかという噂は消えていない。2020年の東京オリンピックに際しては、そのような不名誉な噂が飛びかわないようにしてもらいたい。(ライター・里田実彦)

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150427-00000012-sasahi-soci