型枠解体作業男性が転落し死亡事故!

工場で鉄製型枠が倒れ作業男性が転落し死亡


5日午前7時10分ごろ、中島村の昭和コンクリート工業福島工場で鉄製型枠が倒れ、矢吹町、会社員畠山忠二さん(62)が転落した。畠山さんは約2時間30分後に死亡した。一緒に作業していた50代男性も軽傷。白河署は労災事故として調べている。
 同署によると、型枠は高さ約2・5メートル、幅約1・5メートル。畠山さんは型枠に乗り、型枠の解体作業の指示を出していた。右脚が型枠の下敷きになり、骨折した。ほかに目立った外傷はないという。畠山さんはヘルメットをかぶっていた。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150606-00010019-minyu-l07