特定空家等にならないために早急の対策の話題!

「空家等」が『特定空家等』とならないために早急の対策を


「空家対策特別措置法」が全面施行 ガイドラインも公開

先月26日より「空家対策特別措置法」が全面施行されました。これにより自治体は増加する空家への対策を強化していきます。併せて国交省からは、「特定空家等に対する措置」を自治体が実施するうえで必要な指針(ガイドライン)が公開されました。

「空家等」と『特定空家等』は異なり、「特定空家等」とは、「空家等」のうち、以下の状態にあると認められる「空家等」と定義されています。

(イ)そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態

(ロ)そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態

(ハ)適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

(ニ)その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

(イ)~(ニ)の概要については、ガイドラインでは図のようになっています。

「特定空家等」に対する措置としましては、所有者等の事情把握に始まり、事前準備、助言・指導、勧告、命令と進んでいき、それでも必要な措置が講じられない場合には、代執行も可能です。

又、勧告後も改善がみられない物件については、住宅が立つ土地への固定資産税の優遇も2016年度分から対象外となります。そうなれば、固定資産税も最大6倍となることになります。

「特定空家等」認定と賠償責任との関係は???

話は変わりますが、先日(6月4日)に東京・品川区で小学校近くの空家から出火して隣のアパートなどに延焼し、あわせて7棟(270平方メートル)が燃えるという火事が発生しました。消防車など34台が駆けつけ、一時は小学校の児童など約400人が近くの施設に避難したほどでした。

このニュースをみて思ったのが、

「もし、この空家が「特定空家等」に認定されていたら、所有者の賠償責任は発生しないのだろうか?」

というものでした。

民法709条で損害賠償責任について定められていますが、失火の場合には、「失火責任法」という特別法により、“ 重過失を除いて ” 免責とされています。

しかし今回の火事では、この “ 重過失” が認められやしないかが疑問です。

何故なら、インタビューを聞いていましたら、この空家に浮浪者が侵入していた事実などがあり、誰でも侵入できたことが把握されていたようだからです。そのうえ、上記(イ)により「特定空家等」と認定されていたら、重過失(人が当然払うべき注意をはなはだしく欠くこと)に該当してしまう場合も出てくるのではないでしょうか。勧告や命令などまで受けていたら、なおのことです。今後、こういった訴訟がでてくるような懸念を少し感じました。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150612-00010003-manetatsun-life

内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市