空き家や空き店舗を再生する「リノベーション」の工事

空き店舗再生、魅力発信 熱海・中心商店街の3物件


 新たな価値観で空き家や空き店舗を再生する「リノベーション」の工事が進む熱海市の中心商店街で27日、対象3物件が一斉にお披露目された。住民や市外の若者、行政関係者らが訪れ、トークショーやワークショップなど各物件の魅力を発信する催しを楽しんだ。
 銀座通り商店街の丸屋ビルに誕生するゲストハウス(宿泊施設)では、内装以外の改修工事をほぼ終えた交流スペースを使ってトークショーを企画。3物件のオーナーや管理人らが、第1回のリノベーションスクールから約1年半かけてようやく完成にこぎ着けた苦労や喜びを語った。熱海市のほか沼津市の職員らも耳を傾けた。
 芸術家や起業家らが長期滞在して創作し、作品発表ができる渚町のシェアハウス2軒も見物客でにぎわった。
 3人の入居が可能な「Chause(チャウス)」では、地元飲食店が、市内の陶芸家作のカップを用いたコーヒー講座を開いた。「nagisArt(ナギサート)」でも裂織教室があり、親子らが新しい空間で和気あいあいと過ごした。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00000025-at_s-l22