チャイナリスク倒産上半期40件発生!

「チャイナリスク」関連倒産、2015年度上半期は40件発生


世界第2位の経済大国に成長した中国。潜在的な市場が魅力だが、景気減速や商習慣の違いなど「チャイナリスク」が高まっている。2015年度上半期(4-9月)に「チャイナリスク」を要因とする企業倒産は40件(前年同期30件)発生し、前年同期に比べ1.3倍増だった。
 また、倒産には集計されないが事業停止や破産準備中などの「実質破綻」は9件(同0件)。両者を合算したチャイナリスク関連破綻は上半期49件(同30件)と大幅に増加した。倒産企業は卸売業が25件と全体の62.5%を占めた。また、負債額別では10億円以上が10件(同1件)と急増、チャイナリスクは中堅規模に影響が広がっていることがわかった。

「チャイナリスク」関連の集計基準
 「チャイナリスク」関連の経営破綻は、破綻の原因が次の6項目のどれかに該当するものを集計している。
 1.コスト高(人件費、製造コストの上昇、為替変動など)
 2.品質問題(不良品、歩留まりが悪い、模倣品、中国生産に対する不信など)
 3.労使問題(ストライキ、工場閉鎖、設備毀損・破棄など)
 4.売掛金回収難(サイト延長含む)
 5.中国景気減速(株価低迷、中国国内の消費鈍化、インバウンドの落ち込みなど)
 6.反日問題(不買、取引の縮小、暴動など)
※「チャイナリスク]関連の経営破綻は、下記の「倒産の定義」のいずれかに該当するケースを「倒産」として集計。「事業停止」や「破産申請の準備中」などは、倒産とは区別し「実質破綻」としている。

倒産の定義(対象:負債額1,000万円以上の法人および個人企業)
 A)会社更生法、民事再生法、破産、特別清算を裁判所に申請した企業(法的倒産)
 B)手形決済などで6カ月間に2回の不渡りを出し、銀行取引停止処分を受けた企業(私的倒産)
 C)企業が経営破綻により事業継続を断念したが、法的手続きを採らず弁護士などに事後を一任して私的整理(内整理)を明らかにした企業(私的倒産)
※2015年9月は確定前のため速報値。

年度上半期「チャイナリスク」関連倒産 4月以降に急増
 2015年上半期にチャイナリスクが影響した倒産は40件(前年同期30件)発生した。2015年1-3月は9件にとどまり、4月以降の急増が目立つ。経営破綻(倒産+実質破綻)は49件(前年同期30件)で、企業経営に深刻な影響を及ぼしつつある。

倒産要因別:コスト高が大幅に増加
 最多はコスト高が30件で、全体の75.0%を占めた。中国市場は安価な製造コストと豊富な労働力が魅力だったが、コスト高の倒産が前年同期の17件から倍増した。労使問題、売掛金回収難、中国景気減速は各1件の増加。前年同期に6件発生した反日問題の発生はなかった。

産業別・業種別:卸売業の増加が目立つ
 産業別では、卸売業が25件で前年同期の11件から大幅に増加した。前年同期に発生がなかった小売業は2件発生した。一方、製造業は14件から10件に減少した。
 業種別では、製品の輸入や製造委託などで中国と密接な関わりを持つ、繊維・衣服等卸売業が13件で最多。次いで、その他の卸売業が4件。原皮価格の高騰や人件費上昇が影響したとみられる、なめし革・同製品・毛皮製造業が3件。機械器具卸売業、飲食料品卸売業、食料品卸売業も各3件だった。
 金融・保険業や不動産業、情報通信業の倒産は両期とも発生がなかった。現時点では比較的チャイナリスクの影響を受けにくい業種のようだ。

地区別:関東が4割を占める
 地区別では、関東が16件で最多。次いで、近畿10件、中部9件と続き、北海道、北陸、中国、四国、九州は各1件だった。東北は発生がなかった。東北は、復興特需により倒産自体が抑制されており、チャイナリスクの影響も他地区に比べ低いようだ。
 近畿は前年同期の1件から10件と急増が目立った。繊維・衣服等卸売業の倒産13件のうち、5件が大阪府で、繊維関係の卸問屋が多い土地柄がチャイナリスクの影響を大きく受けていることがわかった。中部は9件で2件増加した。
 チャイナリスクを背景にした倒産は、東京、名古屋、大阪圏に集中しているが、徐々に各地に広がる動きもみられる。特に、製造業よりも卸売業が多いだけに、全国の流通業者にも影響が広がる可能性もあり、注目される。

形態別:破産が大幅に増加
 チャイナリスクを要因として倒産した企業のうち、破産を選択したのは33社(前期同期比9件増)だった。特別清算も含めた消滅型は、前年同期の25件から33件へ増加した。

負債額別:10億円以上が大幅に増加
 10億円以上が10件発生し、前年同期の1件から大幅に増加した。1億円以上は、21件から32件へ増え、構成比は80.0%を占めた。一方、1億円未満は9件から8件へ減少した。
 ここにきて東証一部上場2社を含め、中堅クラス以上の倒産が目立ってきた。

資本金別:1千万円以上が大幅に増加
 1千万円以上が28件発生、前年同期の18件から10件増となった。倒産件数に占める比率は70.0%に及ぶ。

従業員別:50人以上が3件発生
 最も多かったのは5人未満で17件。次いで5~9人の9件、10~19人の6件となった。前年同期に発生しなかった50人以上は3件発生した。

実質破綻:9件発生
 実質破綻は9件発生(前年同期0件)、負債総額は約35億円が見込まれる。負債10億円以上の企業はないとみられる。大半の企業は破産への移行が濃厚で、消滅型倒産はさらに増加する可能性が高い。
 なお、実質破綻は2015年4月1件、6月1件、7月1件、8月4件、9月2件と、夏場に来て増加が目立ち始めている。

チャイナリスクは中国と直接取引のない企業にも波及する恐れ
 2015年度上半期(4-9月)のチャイナリスク関連倒産は40件だった。繊維・衣服等卸売業が最も多く、地区では近畿が大幅に増加していることがわかった。
 また、第一中央汽船や江守グループホールディングスなど上場企業を始め、負債10億円以上の増加が顕著で、チャイナリスクは体力の弱い小・零細企業から中堅クラス以上の企業にも広がっている。中国への依存度が高い企業は、規模に関係なく影響が直撃していることを示している。
 一方、小売業は2件(前年同期0件)だった。中国の景気減速に伴い訪日中国人が減少した場合、販売不振による倒産を押し上げる可能性もある。
 四国は1件にとどまったが、第一中央汽船の民事再生法の適用の申請で、今治市(愛媛県)周辺には同汽船と取引する企業も多く、その影響が懸念されている。チャイナリスクは中国と直接の取引関係がなくても、巡りまわって国内企業にも波及する。これを裏付けるように、中国産の安価な製品(商品)の流入で価格競争力を喪失した企業の倒産(集計名称:中国競合、本調査では集計対象外)は、上半期に8件(前年同期4件)発生している。チャイナリスクの影響の及び方は大企業と中小企業では異なるだけに、時系列だけでなく業種別など細やかな視点で、注目していくことが必要だ。


引用元:http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20151002-00010000-biz_shoko-nb




内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市