西武 春日部店が来年2月末に閉店!

「西武春日部店」閉店、市長に説明…今後は白紙


来年2月末に閉店することになった埼玉県春日部市粕壁東の百貨店「西武春日部店」の清水一夫店長らが8日、同市役所を訪れ、石川良三市長に閉店の経緯などを説明した。

 

店舗の今後については、売却なども含め今のところ白紙だという。


 同店を運営するそごう・西武や同市によると、西武春日部店は、1985年に開店した「ロビンソン・ジャパン1号店」が前身。そごう・西武への合併を経て、2013年3月から現在の店名になったが、赤字が続き、業績の改善が見込めないため閉店が決まった。

 

清水店長は石川市長に閉店の理由を説明。石川市長は市にとって必要な商業施設だとして、「引き続き何らかの形で店舗を継続してほしい」と要望し、市として協力する考えも示した。



引用元:http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151009-OYT1T50053.html