閉鎖,閉店しないイオン

GMS大閉鎖時代でも閉店しないイオンの言い分 



「GMS(総合スーパー)の閉鎖は基本的に考えていない。全てピカピカの店へとつくり替えていく」

 10月7日、イオンの2015年度上半期決算説明会。GMS事業の中核を担うイオンリテールの岡崎双一社長は、店舗閉鎖を決めた競合と一線を画す姿勢を強調した。


 流通大手の上半期決算は、GMSの苦境を鮮明に示すものだった。


 例えば最大手のセブン&アイ・ホールディングスは、絶好調のコンビニエンスストア事業のおかげで過去最高益を記録。しかし、GMS事業を担うイトーヨーカ堂は90億円の赤字となり、中間決算では5年ぶりの赤字へと転落した。


 ファミリーマートとの経営統合を控えたユニーグループ・ホールディングスは、GMS事業で24億円の黒字を確保したが、前年同期と比べ12億円もの減益となった。


 こうした状況を受け、両社共に店舗閉鎖の方針を打ち出す。セブンは収益改善できない40店程度の閉鎖を、ユニーも最大約50店の閉鎖を検討している。


 イオンも決して例外ではなく、営業利益こそ前年同期比約6割増の722億円と回復したが、本業のGMS事業は87億円の営業赤字。赤字幅が前年同期から43億円も拡大したにもかかわらず、店舗閉鎖はしない方針なのだ。



引用元:http://diamond.jp/articles/-/80130






内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市