閉店しやすい飲食店の話題!

ラーメン店の4割が開店から1年以内に閉店、閉店しやすい飲食店の業態とは?




飲食店の出店開業支援サイト「飲食店.COM」を運営する株式会社シンクロ・フードは、同サイトの造作譲渡情報より閉店した飲食店の業態と営業年数の調査を行なった。調査の結果、閉店しやすい業態はアジア料理、ラーメン、中華、そば・うどんであることがわかった。




閉店した飲食店の件数を業態と営業年数ごとに集計したところ、アジア料理、ラーメン、中華、そば・うどんについては、7割以上の店舗が営業3年以内で閉店しており、4割以上の店舗については営業1年以内に閉店していることがわかった。中でもラーメンは「出店したい業態」としても必ずトップ5に入る人気業態である一方、閉店する件数も多くなっており、生き残りが厳しい業態でもあることがわかった。なお、「出店したい業態」と「閉店が多い業態」の両方でトップなのが居酒屋・ダイニングバーだが、営業年数が3年を超える店舗が4割以上となっており、これと比較してもラーメン店は短命の傾向にあると言えるだろう。

■長続きしやすいのは寿司、フランス料理など開店障壁がある業態

 逆に、閉店までの営業年数が長かった業態を見てみると、営業3年を超える店舗が5割以上の業態は、寿司、フランス料理のみとなっている。さらに寿司は営業11年を超えていた店舗の割合が21.5%で全業態中で最も高い割合、またフランス料理は1年以内で閉店した店舗が12.8%と最も低い割合に。寿司およびフランス料理は、調理に専門技術が必要となること等から開店までの障壁が高く、他業態と比較すると開店件数が少なくなっている。

 そのため、競合店が生まれにくく、営業年数も長くなる傾向にあると推測できる。また、鉄板焼き・お好み焼きも3年を超えて営業した店舗が46.3%と営業年数が長めの業態と言えるが、設備投資コストの点で開店障壁があるため、寿司・フランス料理と同様に競合店が生まれにくく、閉店もしにくいのではないかと考えられる。




なお、前述で閉店しやすい業態としても挙がっているそば・うどんだが、営業年数が11年を超えていた店舗も15.1%と高い割合となっている。愛され続けた老舗店が惜しまれつつ閉店していく様子もうかがい知れそうだ。

【調査概要】
「飲食店.COM」に2015年7月21日までに登録された造作譲渡情報より、営業年数および業態を保有するデータ3534件を集計。





引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/10833440/






内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市