埼玉県桶川市桶川駅周辺の内装解体や現状回復

埼玉県桶川市桶川駅周辺の

飲食店舗移転、オフィス店舗閉鎖、テナント閉店、貸し倉庫退去の際の内装解体や現状回復のお見積りは解体工事一括見積り、相見積り比較後に更に埼玉県桶川市桶川駅周辺の内装解体や現状回復費用を抑えたい方は埼玉の関東クリーンセンターまでご相談ください。





桶川市(おけがわし)は、埼玉県の中東部にある人口約7万4千人の市である。通勤率は、東京都特別区部へ18.4%、さいたま市へ12.9%、上尾市へ11.4%(いずれも平成22年国勢調査)。かつての中山道の宿場町の一つの桶川宿から発展した。

古くは中山道の宿場町・桶川宿として発展し、江戸時代に周辺部で栽培されていた紅花は「桶川臙脂」としてその名を知られ、最上地方に次いで2番目の収穫高を誇っていた。現在でも中山道には蔵作りの建物など宿場時代の面影を残している。農業用地が残る一方で、近年は住宅地化も進行している。

埼玉県の中央部に位置し、市域の多くは大宮台地の上にある。市の中心を南北に国道17号、旧中山道、高崎線が通り、東西に埼玉県道12号川越栗橋線が通る。

また、市役所付近を北緯36度線が通る。


 


 荒川
市の西側、比企郡川島町との市町境付近(市町境は河川改修前の旧荒川で、今でも三日月湖など、当時の川の名残が見られる)に荒川、旧川田谷村と旧桶川町との境に江川が流れ、市の東側、南埼玉郡菖蒲町との市町境に元荒川が流れる。また鴨川、芝川、綾瀬川の源流となっている。旧桶川町に芝川の水源、上尾町から分離、編入された旧大石村井戸木地区に鴨川の水源、旧加納村に綾瀬川の水源がある。




引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%B6%E5%B7%9D%E5%B8%82





内装解体 埼玉