埼玉県加須市加須駅周辺の内装解体や現状回復

埼玉県加須市加須駅周辺の

飲食店舗移転、オフィス店舗閉鎖、テナント閉店、貸し倉庫退去の際の内装解体や現状回復のお見積りは解体工事一括見積り、相見積り比較後に更に埼玉県加須市加須駅周辺の内装解体や現状回復費用を抑えたい方は埼玉の関東クリーンセンターまでご相談ください。

 

 

 

 
加須市(かぞし)は、埼玉県の北東部に位置する市である。東京都市圏#埼玉県(東京通勤圏)。2010年3月に旧加須市・北埼玉郡騎西町・大利根町・北川辺町が新設合併して誕生した。埼玉県の市町村では唯一、北関東3県である群馬県・栃木県・茨城県と接する。

こいのぼりの生産数が日本一であり、加須うどんの街でもある。武州囃子の流れを汲む『武州加須囃子』がある。

読み方は主に尻上がりのアクセントだが、駅のアナウンスなどでは熊谷市や羽生市、久喜市と同様、尻下がりのアクセントで読まれる事がある。
埼玉県の北東部に位置する。


加須・大利根地域と北川辺地域の間に利根川が流れ、市の北東部に渡良瀬川と渡良瀬遊水地がある。地形としては概ね低地に属し平坦であるが、市域の海抜は15メートル以上あり、一部は台地状(沖積台地)になっている部分もある(カスリーン台風では利根川の旧河道(会の川)の自然堤防上に発達した加須市街地、羽生市街地は浸水を免れた。[2])。市を東西に東武鉄道伊勢崎線および国道125号・加須羽生バイパスが横断している。南北に東北自動車道が貫いており、加須インターチェンジがある。また、南西部の騎西地域に国道122号・同騎西菖蒲バイパスが通り、北東部の北川辺地域に国道354号が茨城県古河市と群馬県邑楽郡板倉町をつなぐ。


東武日光線が渡良瀬遊水地付近を通り、その付近に駅が2つある。遊水地付近は県境が非常に入り組んでおり、次々と4つの県名が変わる埼玉県道9号佐野古河線が通っている。埼玉県から直接栃木県へ入る事のできる道路は、この県道と堤防下を走る市道だけである。






引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E9%A0%88%E5%B8%82