消滅の危機の古民家が話題!

【まちてん】消滅の危機にある全国の古民家を“村”に!





地方創生まちづくりEXPO「まちてん」(28・29日、東京・渋谷)の初日に行われたカンファレンス「Youth編」では、多くの人によって、1つの家を支えるアイデアを考案し、消滅の危機にある全国の古民家を村に変える「シェア・ビレッジ」を立ち上げた武田昌大氏が登壇した。

 そもそも武田氏が、シェア・ビレッジを考えたきっかけになったのは、秋田県から車で40分ほどの五城目町にある築133年の茅葺古民家だ。この古民家は写真集の表紙を飾ったり、JR東日本のポスターにも使われた家だが、茅葺の維持費やオーナーが住み続けられないなどの理由から、解体が検討されていたという。

 そこで、かねてから古民家が好きで、将来はこの家に住みたいと思っていた同氏は「日本の原風景が失われてしまう。きっとこの古民家だけでなく、日本全国で知らないうちに多くの古民家がなくなっているかもしれない。このままではいけない」という危機感を募らせ、「多くの人に少しずつお金を出してもらい、古民家をシェアしよう」というアイデアを思いったそうだ。そこでクラウドファンディングサイトの「Makuake」でも募集を開始し、合計571万円を集めたという。

 このプロジェクトでは「年貢」(NENGU)と呼ばれる年会費3,000円を支払うと誰でも村民になれる。村民は、自分の好きなときに、いつでも自分の村(古民家)に行き、農作業をしたりしながら、シェアした村民同士で交流することができる。

 「とはいえ、村民は都会暮らしで、田舎にあこがれている人たち。そう簡単に何度も秋田に来ることは難しい。そこで新しい仕組みも考えた」(武田氏)という。都市部にいる村民を対象にイベントを開催することで、村民同士のつながりを強める定期開催の飲み会「寄合」(YORIAI)をはじめたそうだ。

 さらに村民同士が仲良くなると、住民同士で自分たちの村に遊びに行ける「里帰」(SATOGAERI)というツアーや、農作業など村の手伝いをする「開墾」(KAIKON)、年に一度のお祭りである「一揆」(IKKI)といったというイベント活動を通じて、村を大いに盛り上げていくという。

 今年5月からプロジェクトを立ち上げ、1件の家に現在1,125人の村民がシェアしているそうだ。実際に人口1,122人の村が長野県と北海道にあり、その村を抜いて全国で人口が少ない村31位にランクインしたという。村民の人口分布で多いのは関東と東北だが、遠い九州からも村民の登録があるという。

 そして武田氏は「古民家から“co-minka”にしたい。村があるから村民がいるのではなく、村民がいるから村ができる。今後は秋田県以外の全国にある古民家をどんどんシェア・ビレッジに変えていきたい。村民が集まると、村ができるこのプロジェクトで、新しい田舎づくりをしよう。もう、あなたも年貢の納めどき!」とユーモアを交えて、村民への勧誘も行っていた。







引用元:http://news.goo.ne.jp/article/rbbtoday/trend/rbbtoday-137432.html



内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市