YouTuber ガチ凹みで話題!

「そんなバカなマン」でYouTuberに容赦ない意見「不快な思いにしかならない」




2日放送の「そんなバカなマン」(フジテレビ系)で、YouTuberが、自身の作品に対する一般人の容赦ない意見を浴び、ガチ凹みする場面があった。

この日の番組ではバカリズムが、以前動画の作成を手伝ったYouTuberのBUNZINさんを再訪した。以前の放送では、BUNZINさんがバカリズムをいじり倒し、激怒させる一幕もあったが、動画は無事に完成している。

今回、バカリズムがBUNZINさん宅を訪れて状況を聞いた。なんでも、番組放映前までは動画再生数は1週間に200~300回程度だったが、バカリズムとともに手がけた動画は番組放送後に1万回を超えたという。ただ、トップYouTuberはひとつの動画あたり10万~100万回の再生数で、まだまだというのが現状のようだ

バカリズムが改善点を探すために動画のコメント欄をながめたが、「センスがない」「最悪のレベル。素人以下」と辛らつな意見ばかり。しかもこうしたコメントについてBUNZINさんは参考にするどころか、「お前がどれだけ面白いんだよって感じ」「お笑いがわかってない」と見下すのだ。

そこで番組スタッフが、街行く女性にBUNZINさんの動画の感想を求める街頭取材を敢行したのだ。ところがVTRでも、「見てて可哀想」「やめた方がいい」「見た瞬間、YouTube消す」「(BUNZINさんの顔を見て)ゲロ吐く人、いっぱいいると思う」「不快な思いにしかならない。汚い」など、容赦ない意見の連続だった。

多くは容姿に関するコメントだったためか、BUNZINさんはかなり堪えたようだ。VTR後には「顔が汚いと言われても整形するお金もない…」とこぼすと、バカリズムの問いかけにもすぐに答えが見つからないよう。バカリズムが「ガチ凹みしてます?」と尋ねると、「後半は(話が)入ってこなかったですね。ショックすぎて…」と本音を吐露していた。

見かねたバカリズムが「凹むって大事だと思いますよ」といい、お笑い芸人という自身の立場から「人前に顔を晒す立場として見た目は重要だと思います」と指摘した。その上で、見られる立場は可愛さも大事だということで、自身があえて丸めのヘアスタイルをしていることを明かしたのだった。

後日、バカリズムが新しい動画撮影のため呼び出されてみると、BUNZINさんは髪をカットし、バカリズムそっくりの頭で姿を見せた。

今回の動画のテーマは「壁ドン」だった。撮影は難航したものの、5時間かけた末に完成したのだった。











引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/10903212/