悪徳リフォーム業者の卑劣な手口の話題!

許せない! 悪徳リフォーム業者の卑劣な手口

  




なぜ、そうなっているのか分からない。TBSテレビ『世にも不思議なランキング なんで? なんで? なんで?』は、そんな世の中の様々な「なんで?」と思う事件、事故などを再現ドラマとして紹介し、納得の理由を探る番組だ。 12月7日(月)よる7時からの次回放送「正義の仕事人2時間SP」で取り上げるテーマの一つが、悪徳リフォーム業者の汚い手口を暴くスペシャリスト「住宅Gメン」だ。高齢者を中心に被害が後を絶たない悪徳リフォームに対抗する住宅Gメンとはどんな人たちなのか。番組の制作に当たって取材班が話を聞いた住宅Gメンの田中勲さんの下に寄せられたある相談を具体的なケースとして、悪徳リフォームの実態を紹介しよう。

【詳細画像または表】

■ 6倍に膨れ上がったリフォーム代金

 リフォームの見積もりは、いつの間にか6倍に膨れ上がっていた。

 11月上旬、ある地方都市の一軒家に住む70代女性の佐藤ハツさん(仮名)の下にA社を名乗る会社の男が訪ねて来た。「隣の家の屋根を修理していたら、佐藤さんのお家の屋根がとても傷んでいるのを見つけました。早急に直さないと雨漏りしてしまうでしょう。当社で工事をやらせてもらいますよ」。

 提示された屋根の修理代は500万円。佐藤さんは金額の大きさに驚いて、その話を断った。A社の男は資料を置いてあっさりと引き下がった。

 3日後、別のB社を名乗る会社の男が、佐藤さんの下を訪ねて来た。「リフォームのモニターをやってくださる家を探しています。施工例として紹介する代わりに、通常よりも割安な金額でやらせてもらいます。よろしければ、まず無料で点検しますよ」。

 佐藤さんはA社から屋根の傷みを指摘されていたことも気になっていたので、B社に屋根を見てもらうことにした。

 B社の男から見せられたのは割れた屋根裏の写真だった。「これは屋根瓦を至急修理しないと雨漏りのために、家が傷んでしまいます。モニターになっていただければ200万円で直せますが、その募集期限が今日までなんですね」

■ A社と比べて安い。即決で工事を依頼

 佐藤さんはA社が提示した500万円の修理代金と比べて、200万円なら安いと思った。それも今日を逃したら、この金額では頼めない――。佐藤さんは即決でB社に工事を依頼した。

 ところが、屋根の工事が始まるとB社は「ついでにほかの箇所も見ておきます」と家のあちこちを点検し、不良箇所を指摘し始めた。たとえば床下。「湿気対策が不十分なのでシロアリがいる形跡があります。屋根の雨漏りが床下にまで及んでいるのかもしれません」などとまくしたてられ、次々と新しい工事の契約を結ぶことになった。結局、工事代は1200万円まで膨れ上がってしまった。

 すでにお気づきだろう。これは悪徳業者が仕組んだ巧妙なリフォーム詐欺だ。A社とB社はグル。佐藤さんがB社から見せられた写真は、あらかじめ用意されていたよく似た家の割れた屋根裏を撮影していたもの。先にA社から高額な見積もりを吹っかけられていた佐藤さんは、それよりも安いB社の修理代金を提示されたことで「安い」と思ってしまっただけなく、迷わせないように「本日まで」と契約を急がされたのである。

 訪問販売による悪徳なリフォーム工事は後を絶たない。国民生活センターに寄せられる相談件数は2010年以降でみると年間6000~7000件程度で高止まりしており、2015年も上半期だけで3546件(前年同期は3608件)の相談が寄せられた。このうち、何らかの理由によって十分な判断ができない「判断不十分者契約」は5%程度を占めている。

 悪徳リフォーム業者が標的にするのは高齢者だ。相談相手がおらず、判断能力が低下してきているのをいいことに、あの手この手でだます。それも突発的にやっていない。狙いをつけた地域で入念な下見を行い、そこにどんな年齢の人が住んでいるのかを把握したうえで、たとえば高齢者の女性には、その人の子どもと同じ年頃の人間を営業に送り込む。相手の心に付け込み、同情を引くのである。








引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151207-00095310-toyo-soci