空き家を借りてリノベ計画が話題!

ゲストハウスにカフェ。空き家を借りてリノベ計画/北海道

 

 

 

うちへおいでよ! みんなでつくるエコビレッジ vol.11

コロカル・Web連載【うちへおいでよ! みんなでつくるエコビレッジ】とは?
北海道にエコビレッジをつくりたい。そこにずっと住んでもいいし、ときどき遊びに来てもいい。野菜を育ててみんなで食べ、あんまりお金を使わずに暮らす。そんな「新しい家族のカタチ」を探ります。執筆は來嶋路子さん。現在、東京と北海道を行き来しながら編集の仕事をしつつ、エコビレッジをつくるという目標に向かって奔走中。ときどき畑仕事も。

【写真ギャラリーで見る】ゲストハウスにカフェ。空き家を借りてリノベ計画/北海道


めざすはデザイナーズ・イン・レジデンス

今年は雪が遅かったけれど、とうとうたっぷり積もりました~。エコビレッジづくりのために、まずその拠点を固めようと昨年から場所を探してきた結果、いよいよ、空き家を借りる決意をしました!その場所とは、前回の連載で紹介した、岩見沢の東部丘陵地域、美流渡(みると)で見つかった赤い屋根の家。

構想としては、この場所をさまざまな人が集う拠点にすること。この拠点で、まずは自分のできることを始め、それをエコビレッジへと拡大していこうという考えだ。第一歩として、東京で暮らす友人たちが遊びに来られるゲストハウス的な場所にしたいと思っている。

わたしの本業は、美術やデザイン関連の本の編集だ。仕事仲間や取材で知り合った人たちなどは、みんな多忙を極めているが、仕事をしながらであれば、例えば2週間くらいのスパンで滞在することができるんじゃないだろうか。デザイナーやライターであれば、場所を選ばずに仕事ができるはず。デザイナーズ(ライターズ)・イン・レジデンスみたいな動きをすることで、それがいずれ長期ステイや移住へとつながっていくようにも思っている。また、クリエイティブな才能を持つ人々に滞在してもらいながら、ワークショップやトークなどをやってもらえたら、さらに楽しいことが起こりそうだ。

もうひとつプランがある。空き家探しと同時に進めている山の土地の購入計画。この計画を一緒に進めている友人、林睦子さんがやりたいと思っている森のようちえんの場所としても使うことだ。この赤い屋根の家の裏には、山が広がっている。ここで思いっきり遊びつつ、家の中でときどき休憩するのもいいように思う。

さらに、1階にカフェスペースを設けられたらなあと夢は広がる。やっぱり人が集う拠点とするには、この場所がいつでも開かれていて、誰もが立ち寄れるようにしておきたい。それにある程度は、この場での収入の道も探っておきたいという気持ちもあるし。ただし、カフェの運営となると、編集の本業との両立は難しいので、いま友人にやってもらえないだろうかと声をかけているところだ。


森のようちえんにもカフェにもしたい

空き家の使い方のプランが固まってきたので、年明け早々に、この家を管理するNPO〈M38〉の代表、菅原新さんに正式にお願いにうかがった。この空き家をゲストハウスにして、森のようちえんにして……と、わたしのとりとめのない話を聞いてくれた菅原さん。「わかりました。この地域の活性化につながることだと思います。ぜひ、使ってください」と言ってくれた。ニコニコ笑顔を絶やさないが、少し沈黙があって……。「……でも、本当はここに移住してほしいんですけれどね」と、ポツリ一言。

菅原さんの気持ちも痛いほどよくわかる。現在人口1000人を切り、小中学校が統廃合されるかもしれない危機に直面している美流渡。この地域をいかに活性化させていくのかを日々考えている菅原さんは、いま移住を促進しようと活動を続けているのだ。それに、自分たちが移住してこそ拠点も生きるはずだ。息子の幼稚園のこともあるし、すぐに移住というわけにはいかないけれど、ゆくゆくは住みたいと、わたしも強く思っている!

ただし問題は、夫の気持ちだ。美流渡に移住してもいいのか、岩見沢の市街地にある現在の住まいに残りたいのか、その真意は定かではない。その答えを早急に求めてしまうとリノベ計画自体が拒絶されそうな予感もしているので、この結論はまだ出さないほうがいいように思うのだった。

いま、夫婦間の共通認識としては、空き家を借りてそこをリノベーションするというところまでだ。空き家を一緒に見に来た夫の様子は、電気の配線を確認したり、壁を叩いたりなど、リノベーションのプランをすごく具体的に練っているようだった。最初は、「この建物は、増築したり配線をいじっているから改装しづらい、別のところにしてくれ!」とブツブツ言っていたが、ついに覚悟を決めてくれたようだ(うれしい!)。

そんな夫を遠目に見ながら菅原さんに、「ゆくゆくは移住できると思うので、その結論はもう少し長い目で見てくださいね」と耳打ちした。ちなみに、まだ家賃についてはNPOで価格設定をしていないそうで、団体の中で協議してから連絡をもらうことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160116-61905002-colocal-hok

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市