空き家バンク 埼玉が話題!

<空き家バンク>情報を希望者へ、3月スタート 埼玉・飯能

 

 

 

 

人口減少に伴う空き家増加問題に対応するため、埼玉県飯能市は3月1日から「空き家バンク制度」を実施することにし、26日に県宅地建物取引業協会彩西支部(狭山市)と協定を結ぶ。

 同制度は、空き家の売却などを希望する市民らから提供された情報を空き家の利用を希望する人に紹介するもの。県内市部では秩父市が最も早い5年前から実施しているほか、羽生市、坂戸市なども採用している。

 飯能市では、山間地域だけでなく市内全域で空き家が増加中という。市企画調整課によると、2013年度の国の住宅土地統計調査で同市の「利用目的のない空き家」は1930戸。5年前の調査より790戸も増えており、増加ペースは上がっているという。

 同市は、管理の不十分な空き家の近隣住民が不安を抱くケースが多いことなどから、対策の一環として空き家を有効活用する方法を検討。空き家活用で地域コミュニティーの再構築や人口増を図ろうと、一昨年から彩西支部と協議を重ね、バンク制度創設の準備を進めてきた。同制度に協力してもらえる彩西支部加盟会員には、物件紹介など窓口の役割を担ってもらうほか、バンク登録を希望する空き家の現地調査や契約なども担当してもらう。

 

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000024-mai-soci

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市