出張族のホテル難民 空き家・空きビルと民泊に関する話題!

外国人観光客の急増により出張族の4割が「ホテル難民」を経験

 

 

 

 

 建設業界に特化した技術系人材派遣・人材紹介サービス「Construction Engineering(コンストラクションエンジニアリング)」を行っている株式会社エヌ・アンド・シーは、東京圏・大阪圏に住む20歳~59歳の男女を対象に、「空き家・空きビルのリノベーションと民泊に関する意識調査」をインターネットリサーチにより実施。2000名の有効サンプルを集計した。

【有効な空き家・空きビルの再生法とは?】

◆「自宅の近隣に空き家がある」3人に1人

 東京圏・大阪圏に住む20歳~59歳の男女2000名(全回答者)に、住まいの近隣に空き家があるか聞いたところ、全体では「ある」33.0%、「ない」31.8%、「わからない」35.3%となり、自宅の近くに空き家がある人が3人に1人と少なくないことがわかった。地域別にみると、自宅近くに空き家が「ある」という人は、東京圏では28.5%、大阪圏では37.4%と、大阪圏のほうが10ポイント近く高くなった。また、住まいの近隣に空きビルがあるか聞いたところ、全体では「ある」10.4%、「ない」46.3%、「わからない」43.3%となった。

 次に、住まいの近隣に空き家や空きビルがある人(699名)に、住まいの近隣にある空き家・空きビルについて、どのようなことが心配か聞いたところ、最も多かったのは「ゴミが不法投棄される」で40.3%、次いで「空き家・空きビルが放火される」が39.2%と僅差で続き、「雑草や植栽で景観が悪化する」が35.6%、「不審者が空き家・空きビルに侵入する」が35.1%となった。空き家・空きビルがあることによる治安の悪化や景観の悪化を心配している人は多いようだ。

◆「空き家・空きビルの活用は街の魅力を高めると思う」8割弱

 それでは、空き家や空きビルを活用することについては、どのように考えられているのだろうか。全回答者(2000名)に、空き家・空きビルの活用についての考えを聞いた。まず、≪空き家・空きビルの活用は街の魅力を高めると思う≫では、『そう思う(計)』が77.4%(「そう思う」28.9%と「どちらかといえばそう思う」48.5%の合計)になった。空き家や空きビルを活用することによって、街の魅力が高まると考えている人は多いようだ。

 空き家・空きビルを有効に活用するにあたって、どのような方法が望まれているのだろうか。≪空き家・空きビルはリノベーションして活用すべきだと思う≫では『そう思う(計)』が79.5%(「そう思う」27.8%、「どちらかといえばそう思う」51.7%)、≪空き家・空きビルは更地にして活用すべきだと思う≫では『そう思う(計)』が70.6%(「そう思う」24.3%、「どちらかといえばそう思う」46.3%)となった。「一度更地にしてから活用するべき」という人より、「リノベーションして活用するべき」という人のほうが多いようだ。

◆空き家を活用して建築して欲しいものは? 1位「飲食店」 2位「コンビニ・小型スーパー」

 次に、全回答者(2000名)に、住まいの近隣にある空き家をリノベーションして建築して欲しいもの(近隣に空き家がない人には、空き家があったらリノベーションして建築して欲しいものを聴取)を聞いたところ、「飲食店(カフェなど)」が最も多く33.6%、次いで、「コンビニ・小型スーパー」が32.8%、「賃貸住宅・シェアハウス」が31.6%で続いた。飲食店やコンビニ等、住まいの近くにあると便利なお店を望む人が多いようだ。

 また、子どもがいる女性の回答に注目すると、「カルチャーセンター・習い事教室」が25.1%、「学童保育所」が24.4%と、それぞれ4人に1人の割合となった。近年、都市部を中心に保育園不足と同じように学童保育施設の不足も社会問題化しているが、近隣の空き家を子どものための施設に利用して欲しいと思っている母親もいるようだ。

【民泊サービスに対する意識】

◆「最近1年でホテルの予約が取れなかったことがある」出張族の4割弱がホテル難民を経験

 最近では、外国人観光客の急増によってホテルの確保が難しく、ホテル難民なる言葉も生まれているが、民泊がホテル不足の解消策として注目を集めている。また、民泊は、空き家対策としても注目を集めるようになってきている。そこで、民泊に対してどのように考えられているのかを探るための質問を行った。

 まず、全回答者(2000名)に、最近1年間で、旅行などの際にホテルの宿泊予約が取れなかったことがあるか聞いたところ、「ある」16.9%、「ない」83.1%になった。これを旅行頻度別にみると、2~3ヶ月に1回以上の頻度で旅行に行く人では「ある」が39.0%となった。また、出張頻度別にみると、1年に1回以上の頻度で出張に行くという出張族の人では「ある」が37.0%になった。よく旅行に行く人や出張に行く人では、最近1年間でホテルの予約が取れなかったことがある人は少なくないようだ。

 次に、昨年、大阪府や東京都大田区では、一定の条件のもとで民泊を認める条例、いわゆる“民泊条例”が可決されたが、全回答者(2000名)に、大阪府や東京都大田区で、“民泊条例”が可決されたことを知っているか聞いたところ、≪大阪府で民泊条例が可決されたこと≫では、全体の認知率(「内容まで知っている」と「聞いたことがある程度」の合計)は50.7%、大阪圏での認知率は56.4%となった。また、≪東京都大田区で民泊条例が可決されたこと≫は、全体の認知率は40.2%、東京圏での認知率は44.9%だった。

◆「民泊の貸し手になること」5人に1人が興味あり

 それでは、民泊に興味を持っている人はどのくらいいるのだろうか。全回答者(2000名)に、民泊の貸し手になること、自分が宿泊者として民泊を利用することの両方について聞いた。まず、≪民泊の貸し手になること≫についてみると、「非常に興味がある」が3.2%、「少し興味がある」が15.8%で、興味を示した人は19.0%と5人に1人となった。地域別にみると、東京圏で興味を示した人は19.4%、大阪圏で興味を示した人は18.5%だった。

 次に、≪自分が宿泊者として民泊を利用すること≫についてみると、「非常に興味がある」が3.4%、「少し興味がある」が24.9%で、それらを合計した28.3%が興味を示した。男女別にみると、興味を示したのは、男性では28.9%、女性では27.6%となり、男女による差はみられなかった。

 また、旅行頻度別にみると、よく旅行に行く人ほど興味を示し、2~3か月に1回以上の頻度で旅行に行く人では、44.1%、半年に1回の頻度で旅行に行く人では36.7%が興味を示した。さらに、出張頻度別にみると、出張族では33.8%と3人に1人が興味を示している。民泊が可能になった場合、よく旅行に行く人や出張に行く人を中心に民泊を利用する人が増えていくのではないだろうか。

 旅行や出張によく行く人ほど、民泊を利用することに興味を持っている様子がうかがえたが、どのようなところに民泊をしたいと思うのだろうか。
宿泊者として民泊を利用することに興味がある人(565名)に、民泊をするなら、どのようなところに民泊したいと思うか聞いたところ、「部屋がキレイなところ」が最も多く74.3%、次いで、「安いところ」が65.5%、「トイレやお風呂がキレイなところ」が64.1%、「交通の便が良いところ」が47.8%、「目的地に近いところ」が46.7%で続きました。部屋や水回りのキレイさ、宿泊料金を気にする人が多いことがわかった。

 男女別にみると、「部屋がキレイなところ」(男性66.4%、女性82.6%)や「トイレやお風呂がキレイなところ」(男性53.3%、女性75.4%)は女性のほうが高くなり、女性では、「トイレやお風呂がキレイなところ」が「安いところ」(65.2%)よりも高くなった。女性にとっては、宿泊料金よりも部屋や水回りのキレイさのほうが気になるようだ。

 また、「冷暖房設備があるところ」(男性34.3%、女性55.1%)や「ベッド・寝具の質が良いところ」(男性21.8%、女性38.4%)といった部屋の快適性に関する項目、「交通の便が良いところ」(男性39.1%、女性56.9%)や「目的地に近いところ」(男性37.4%、女性56.5%)といった宿泊先の利便性に関する項目でも女性のほうが高くなった。民泊とはいえ、部屋の快適性や利便性に妥協する女性は少ないのかもしれない。

 女性が民泊での宿泊先に求める水準は、男性よりも高いようだ。そこで、女性について年代別にみていくと、20代女性では、「安いところ」が75.9%となり、全体より10ポイント以上高くなった。若い女性にとっては、宿泊料金も重要なポイントのようだ。また、50代女性では、多くの項目で全体よりも高くなったが、「おいしい家庭料理が出てくるところ」でも全体より10ポイント以上高く、38.2%になった。50代女性では、宿泊先で家庭料理が味わえるタイプの民泊を希望する人が一定数いるようだ。

 

 

 

 

 

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160219-00010001-dime-soci

内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市