東京都中野区中野サンプラザ解体で話題!

中野サンプラザ解体し、最大1万人収容のホール建設 2025年度に完成の予定

 

 

 

 

 

 東京都中野区が、区庁舎や中野サンプラザを含む地域の再整備について実施方針案を発表しました。既存施設を解体し、最大1万人を収容できるイベント施設などを設けます。

【地図:再整備する地域】

 中野サンプラザのホール機能を発展させた、最大1万人を収容を目標とした集客交流施設を計画。コンサートやスポーツイベント、展示会などに使えるようアリーナ部分を組み込みます。この他、オフィスや店舗、マンション、ホテルなどの機能を持つ複合施設、駅ビルも予定しています。

 2016年度に事業者を選定、2022年度に区庁舎が移転した後、解体や施設整備を開始し、2025年度に完成の予定となっています。

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160323-00000084-it_nlab-sci