LINEが格安スマホ参入でSNSを無制限に利用出来ると話題!

LINEが今夏に格安スマホ参入へ SNS傾斜で先発他社と差別化

 

 

 

 LINEは今夏に格安スマートフォン事業に参入すると24日発表した。仮想移動体通信事業者(MVNO)となり、LINEやフェイスブック、ツイッターといった主要ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を無制限に利用できるサービスを提供するなどして、他の携帯電話事業者や先発MVNOとの差別化を図る。

 24日午後に千葉県浦安市で開かれた新規事業発表会「LINEカンファレンス2016」に舛田淳取締役が登壇。既存のスマホ利用者が毎月のデータ利用量制限などに不満を持っていると指摘した上で、「月額500円から、LINEの基本機能を使っても毎月のデータ利用量が減らないサービスを提供したい」と強調した。LINEだけでなく、ツイッターやフェイスブックなど他社も含めたさまざまなサービスを使っても、毎月のデータ利用量が減らないSIMカードを販売する考えも明らかにした。

 出沢剛社長は「今年と来年はMVNOの普及率が非常に上がる。こうした環境を考えて参入を決めた」と事業参入の理由を説明。舛田取締役は「スマホの普及率が日本は約5割で先進国でも高くない。既存の携帯事業者を補完したい」と述べた。

 また、ジェーシービー(JCB)と提携したプリペイドカード「ラインペイカード」の発行と、ポイントサービス「ラインポイント」の導入を発表した。ローソンの店頭やLINEアプリを使って同カードに入金すると、JCBのクレジットカード利用可能店舗で決済することができる。カード利用で同ポイントが2%還元され、アマゾンやポンタなど他社のポイントサービスとも連携する。

 

 

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160325-00000543-san-soci