タオルなくなり次第閉店が話題!

「前髪¥51」「タオルなくなり次第閉店」 直方の、ネタ満載の美容室がツイッターで話題に...オーナーに取材してみたら

 

 

 

 

 

 

 

2016年4月18日、ツイッターにある美容室の写真が投稿され、話題となった。

あまりにも反響が大きかったためか、投稿者のアカウントは非公開設定となってしまったが、そこに写っていたのは、明らかに手作りの「前髪¥51」などといった看板が貼りだされた美容室。地元では「シュールな看板で有名」なのだというが......。

Jタウンネット編集部は早速ネット検索で、その美容室を探し出した。その名は「CHOMO HAIR」。福岡県直方市にある店だった。そこで電話してみた。

スキンヘッドに作業着の美容師

電話に出てくれたのは、店のオーナーの國廣朋史(くにひろともふみ)さんだ。

「開店してから、この6月で3年になります。とにかく店のことを地元の人に伝えたいと思って、自分なりに考えて貼り紙を作って、店の前に出しました」と國廣さんは話してくれた。「毎日ひらめいたことをメモして、ネタ帳にストックしていきました」。

國廣さんはスキンヘッドで、普段は作業着を着ている。自称「ガテン系美容師」だ。その彼が貼り紙のキャッチコピーを考えているのだ。その作風は、あるときはラーメン店のメニューのパロディ、またあるときはそば店の店頭のようでもある。自由奔放、そして笑いと優しさに満ちている。

 

 

 

「なんか変な貼り紙をしている店だなと思われていたようです」と國廣さん。「最初は入りづらかったよ」と、今は常連さんとなったお客さんから言われたとのこと。「とにかく地元・直方の人に知ってもらおうと、必死に貼り紙のネタを考えました」。

最近の作品の例が、下の写真。「タオルなくなり次第、閉店」とは、これも何かのパロディのようだ。

 

 

「強気で、お客様には媚びない、タオルが無くなったら、店閉める」と言ってみたかった......。でも実際は、奥さんにタオルを洗って来てもらって補給したという。「お客さん、一人も逃したくありませんからー!」という落ちが付いている。

 

 

しかし閉店時には、あえてこんな看板も出すという。笑いを忘れず、地元の人に「よかよか」と愛されている「ガテン系美容師」だ。

最近は、こんな張り紙を出したようだ。

 

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/11478121/