リフォーム工事の訪問販売が多く発生,業者に要注意の話題!

住宅リフォーム、こんな業者に要注意

 

 

不要不急な住宅リフォーム工事の訪問販売が多く発生しているとして、消費者庁は「突然の訪問に御注意! 安価な金額でもすぐ契約しない!」「『近所で工事をやっている』と言われても安心しない!」「必ず複数社から見積りをとりましょう!」「契約後8日間以内ならクーリング・オフが可能」という4つのポイントをかねて訴えている。

 地震の被災地では震災後の建物補修を、そうでない地域でも今後の備えとして耐震改修やリフォームなどを検討している方が多いのではないだろうか。想定通り安心してリフォームを行うためには、いいリフォーム会社と付き合いたいもの。では、いいリフォーム会社とは一体、どうすれば見分けられるか。ここではマンションを前提としてチェックポイントを4つあげたい。

 

 

(1)竣工図を確認しているか

 そもそも希望しているリフォームができるかどうかは、竣工図を見なければわからず、正確な見積もりも出せない。しっかりしたリフォーム会社なら、まず管理人室で竣工図の有無を確認し、図面を見るはずだ。

(2)管理規約の閲覧を求めるか

 管理規約には、例えば音のトラブルを防ぐために使用可能なフローリングの等級が定められていたり、リフォーム工事を実施する前に必要な申請手続き、リフォームが可能な曜日など、リフォームにまつわる様々なことが定められたりしている。

 工事可能なリフォームの中身や工程を割り出すには、管理規約の確認が不可欠だ。規約を「預かりたい」「コピーさせてほしい」と申し出てくるなら、いいリフォーム会社の可能性が高いだろう。預ける場合には「預かり証」の交付を求めよう。

 竣工図や規約を見ずにリフォームしたい箇所だけを聞いて、「それは100万くらいでできます」と言ってくる会社は要注意。水周り一式30万円などのパック料金型も同様だ。

 図面を見ないで算出した見積もりは、金額が高いか安いかのどちらかにふれがち。床や壁を解体したとき、骨組みがどうなっているかを知らなかったために下地処理が必要だったり、予想外に工程が延びたりしたときの安全マージンを乗せるなど、リスクヘッジが必要になるためだ。

 また工事内容の判断を誤りやすく、たとえ見積もりが安くても、工事が始まってから採算がとれないことに気づくケースがある。その時点で料金を上げるわけにもいかず、施主が気づかない箇所で手を抜くような悪質なケースもある。

 

 

 

 

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160508-00010002-nikkeisty-life

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市