埼玉県内企業倒産 4月倒産企業の負債約107億円が話題!

4月の埼玉県内企業倒産 負債総額100億円台に

 

 

 

先月=4月に倒産した県内企業の負債総額はおよそ107億円で、2年8か月ぶりに100億円台に達したことが民間の信用調査会社帝国データバンク大宮支店のまとめでわかりました。

それによりますと、4月に負債額1,000万円以上を抱えて倒産した県内企業は27件で、4か月連続で前の年の同じ月を下回りましたが、前の月=3月に比べると9件増加しています。

一方、負債総額は、負債額が50億円を超える大型倒産が1件あったことに加え、5億円以上10億円未満の倒産も3件相次いだことなどから前の月に比べて倍以上となる107億3,100万円となりました。負債総額が100億円台になるのは、2013年8月以来、2年8か月ぶりだということです。業種別に見ると建設業が7件で最も多く、製造業が6件、サービス業が5件と続いています。帝国データバンク大宮支店は、「企業倒産は、依然として小康状態が続いている。

 

経営改善が進まない中小・零細事業者の経営破綻は今後もこれまで同様の水準で発生すると見込まれる」としています。

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00010000-teletama-l11