まごころ価格ドットコムの新サービスが話題!

業界に一石を投じるか?無縁化を防ぐ“墓じまい”をサポートする「まごころ価格ドットコム」の新サービス

 

 

 

 

 

◆年々増加する墓の無縁化を避けるためにも考えたい「墓じまい」

 2010 年に日本初のインターネット墓石店としてオープンし、60万円、80万円、120万円とわかりやすい3プライスで、36種類のデザインと24種類の石を組み合わせてセミオーダーの墓を選ぶことができると反響を呼んだ「お墓まごころ価格.com」。今年4月からスタートした同社の新規事業が「墓じまいまごころパック」だ。

 核家族化、地方の過疎化などで急激に進む墓の無縁化がここ数年クローズアップされており、子供や孫に負担を掛けたくない、墓を管理する人がいないなど、墓じまいの希望者が増加している。しかし、墓じまいには一定の手続きを経て無縁認定をしたうえで墓石の撤去、遺骨の取り出しをしなくてはならない。墓じまいの手続きは以下のようになる。

1、遺骨の移転先の確保
2、移転先から受入証明書を発行してもらう
3、現在の墓がある場所(移転元)から埋蔵証明書を発行してもらう
4、墓のある市区町村に改葬許可申請書、受入証明書、埋蔵証明書を提出し、改葬許可証を発行してもらう
5、閉眼供養(お性根抜き、魂抜き)を行ない遺骨を取り出す
6、墓石の解体撤去作業を行う
7、移転先へ納骨

 このように各施設や行政で証明書を取り、解体業者や僧侶に依頼するなど煩雑な手続きや作業が必要になってくる。こうした手続きを一括して代行し、墓じまい後のフォローまでセットにしたものが「墓じまいまごころパック」で、税抜36万8000円(墓の敷地が5m2以内)で提供する。

 まごころ価格ドットコム代表取締役社長の石井 靖さんに新サービスについて伺った。石井社長は19歳で墓石店に入社し26歳で独立。墓づくりに携わって35年、9000組以上の家族に墓を引き渡してきた。2010年に業界初のインターネットを使った墓石のカタログ販売をスタート。現在までに3万件以上の墓づくりの実績があり、業界で唯一の全国47都道府県すべてに墓を建てた経験を持つ。

「正式な手続きを経て無縁認定をした件数は10年前に比べると倍になっているといわれている。墓地継承者がいない無縁墓になっていながら手続きがされていないケースはさらに多いとみており、お墓の無縁化は社会問題となっている。私は墓を建てる仕事に36年間携わってきて、日本人の情操教育、社会的道徳の観点からもお墓はとても大切なものであると考えていた。それを簡単に閉めるとは何事だと最初は思っていたが、お墓が撤去され、ご遺骨を無縁塚に入れてしまうケースがさらに多くなると予想され、放っておけない問題だと感じるようになった。

 終活されている方やお墓を守ってきた方が、子孫に負担を残さず、無縁化を避けるために、葛藤がありながらも、墓じまいを決断なさるというのはとても大変なことだ。罪悪感を超えて実行されるのは、かえって先祖や故人を大切にしている証ではないかと。だったら我々のようなお墓を建てるプロが手厚く墓じまいをお手伝いさせていただこうと今回新サービスを立ち上げた。墓じまいまごころパックのサービス内容については完全にオリジナルで業界初。業界からも初の試みとして注目されている」

「墓じまいまごころパック」は面倒な手続きの代行のほか、3プライス事業で培った北海道から沖縄まで全国の業者のネットワークを生かして、散骨や墓の解体業者など個々の事情に合わせて対応できるので、地方で墓じまいをして東京に遺骨を持っていきたいという場合でも、個別に業者を頼まずとも一括ですべてを手配できるのが強みだ。また、遺骨の移転先は同社が提携している宗教法人が受け入れることも可能。檀家でない人向けに、オプションで閉眼供養の法要に僧侶を派遣することもできる。

◆墓じまい後のトラブルを回避するための細かなフォロー

 散骨、樹木葬、永代供養と葬儀も多様化して、墓だけにとらわれないさまざまな選択肢がある一方で、墓じまいで後悔をしたり、トラブルに見舞われるケースも少なくない。同社の調査では35%がトラブルを経験。6人に1人は親族間トラブルを経験、4人に1人が寺に払う「離壇料」が予想を超える金額だったと回答。また6割が墓の管理から解放されることに期待しながらも、新墓なしだと半数が「わびしい」気持ちになると答えている。

トラブルケースその1:亡き父母と対話できる場所がない

 独身の一人娘と父母の家族で、母が先に亡くなり墓を建立。父は独身の娘に負担を掛けたくなかったことから「墓じまいをして散骨してほしい」と遺言を残して亡くなった。娘は母の墓じまいをしてから、父の遺骨と一緒に母の遺骨もすべて散骨をした。故人の遺志なので最初は何の迷いもなかったが、時が経つにつれ、亡くなった両親に会いに行く場所がなく、海に行って手を合わせても虚しさを感じるようになった。写真だけではそこに父母がいるとは思えなくなり、寺に相談したり、カウンセリングを受けたが、丸2年経ち三回忌を終えたあとうつ病になってしまった。墓じまいが直接の原因かどうかは不明だが、女性にとって父母と対話ができないことが負担になっていたのではないか。

トラブルケースその2:永代供養で親族との間に大きなトラブルが発生

 父が東北、息子は家族と共に東京に住んでいるが、父は生前に「自分が亡くなったら東北にある墓をしまって東京で永代供養にしてくれ」と費用も用意していた。父が亡くなり遺言通りに永代供養をすることになったが、永代供養はいろいろなパターンがあり、二十三回忌まで個別で供養して保管、それを過ぎたら合同で埋葬するというものや、最初から合葬するものもある。このケースでは最初から合葬する形を選んでしまった。遺言では永代供養としていたが合葬までは言及していなかった。父が本家だったこともあり、兄弟、親戚から「お骨を少しも残さずに合葬してしまうなんて」と非難が殺到。息子はそれ以降、結婚式や法事にも呼ばれなくなってしまった。

「墓じまいまごころパック」では、こうした墓じまいに関わるトラブルを回避できるサービスも提供している。遺骨は洗浄してから永代供養や手元供養に移行しやすいように、一部をパウダー化。九谷焼、大理石、カメオから選べる、小型の新しい骨壺に納めて自宅に届けてくれる。パックでは2個まで無料で提供。パウダー化や骨壺は希望しない場合には断ることもできる。

 遺骨を部屋に置くことに抵抗を感じる人や、仏間がないので仏壇が置けないといった不満を解消するために、リビングでも違和感のないオリジナルの納骨家具や、花作家・坂本 裕美さんのアートフラワーによる供養セット(ホワイト藍、ピンクローズの2種類)もサービスにパッケージされている。位牌ではなく写真を置き、人目のあるところに骨壺を置くことに抵抗があるのなら裏側にそっと置くこともできる。

 オプションでは、先に紹介した閉眼供養の僧侶の派遣や、墓石の一部も残せるよう古い石塔をスライスしてプレートにし、文字を刻んでアクリル板に入れるメモリアルプレートも。「回向(echo)」は自宅安置用のお骨カプセルで、黒御影石のカプセルに遺骨を入れて手元供養にしたり、小さいので外に持ち運ぶことも可能だ。

「お骨カプセルは、兄弟全員で遺骨を少しずつ分けて持っていたいと要望があったことから生まれた。お客様にカプセルの使い方をお聞きすると、お母様が好きだったレストランに一緒に連れていき、カプセルの前に好きだったワインを置いて陰膳のような使い方をされたり、亡くなった方が好きだったハワイに一緒に連れていったりなど、とてもいい話を伺っている。

 仏間のない家も増えているので、仏壇という感覚ではなくリビングの一部に神聖な場所を作り、そこで対話ができるというご提案をしている。しかし一部でも手許に残すと、次の世代が対処に迷うので困るという方には、散骨ができるコースも用意している」(石井社長)

◆業界に36年間携わった石井社長が語る、今後のお墓業界について

「とかく葬儀、お墓業界は長年慣習によって守られてきた業界で、お客様からはわかりにくく、価格が不明瞭と思われている。3プライスのお墓を立ち上げたのは6年前だが、当初は業界内やお寺さんからも非難があった。しかし私たちは戦いを挑むつもりでこの事業を立ち上げ、お客様も私たちのシステムを理解していただいてお客様の方から動いていただいたこともあり、お墓業界の空気感は、この2~3年で大きく動いているという印象を受ける。

 現代の大半の方々は、お経を頻繁に聞くこともないし内容も理解できず、心から仏教に帰依しているとはいえないが、ご家族が亡くなるとお墓を建てるという慣習は根強くあった。業界はそれに乗っていただけなのではないか。10年ほど前から団塊の世代の方々がお客様の中心になり、お寺や葬儀、お墓の意味を改めて考え始めたのではないだろうか。社会で意識されるようになってマスコミに取り上げられることも多くなり、今までのやり方でなくてもいいんだという風潮が生まれたのではないかと思う。

 墓地を買ってお墓を建てるのがほぼ100%近いやり方だったが、今はいろいろな選択肢ができて、今後はもっと選択肢が広がると思う。それが極端に進むとなんでもありのような状況になるかもしれない。しかし、遺骨や故人に対する特別な思いは日本人には今も強くあり、その時に改めて日本人の倫理観が出てくるのではないかと思っている。

 20年ほど前の旧聞だが、悲嘆から立ち上がるためのケアであるグリーフワークについての調査が興味深かった。40歳前にご主人を不慮の事故で亡くした女性を、アメリカ人、日本人各30人に、カルフォルニア大学と日本の慶応大学が共同で追跡調査をしたというもので、アメリカ人はキッチンドランカーになったりドラッグにおぼれたり、精神的に追い込まれる人が7~8割にも及んだが、日本人はそういった人はほぼおらず、時が経つにつれ自然に悲しみから癒されたという。

 慶応大学名誉教授であった故・小此木啓吾さんとカリフォルニア大学のジョージ山本さんが両者の違いを検証されたところ、当時の日本では仏壇が当たり前にあり、日本人の奥さまは仏壇の前で『あなたは向こうで何をしているの』と問い掛けをしていた。そうすると奥さまだけに『子どもたちのことは頼んだぞ』などの声が聞こえると言い、死者は今でも身近にいると感じていたという。一方、キリスト教徒のアメリカ人は『帰天』という死んだ者は天国に行くという考え方だが、どこにいるのか残された人にはわからない。この違いが関わってくるのではないかという内容だった。

 墓も仏壇もいらないという考え方の方にも、一部を遺しておくことをお勧めしたい。5年、10年経ったときにやっぱり必要ないという気持ちになれたなら、その段階で散骨しても遅くはない。後で後悔するほど辛いものはない。
墓石があるから対話できるのではなく、一部を遺すことによって故人を偲び、思いをはせることができるし、故人から見守られている感じがずっと続くのではないか。宗教に則らない、故人を偲ぶそれぞれの方法でいいと私は思っている」

【AJの読み】家族や親族と話し合って納得できる選択を

 私の場合、父と兄弟を亡くして母一人が存命なので、今後、墓をどうするか考え始めているところだ。帰省した際には墓じまいについて母と相談することも多い。私自身は、墓は要らないと思っているので散骨を希望しているが、家族が散骨についてどう思っているのか話したこともないので、タブー視せずにきちんと互いに理解して納得できるようにすることが必要だろう。

 墓を守るのか、墓をしまうのかは個々の事情によって大きく異なる。墓じまいの手続き一切を代行してくれて、かつ遺骨の一部を遺すというまごころ価格ドットコムの新サービスは、今後のお墓のあり方を考えるうえで、業界に大きな一石を投じたと思う。

 

 

お墓まごころ価格.com

https://hakamago.com/

 

 

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160531-00010008-dime-soci

 

 

内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市