Airbnb 民泊苦情を報告するためのツール公開で話題!

Airbnb、近隣民泊への苦情報告ツールを公開

 

 

 

 

 

米民泊サービスのAirbnbは5月31日(現地時間)、同社のサービスを利用する民泊の近隣住民向けに、苦情を報告するためのツール「Airbnbと近隣のホスト」を公開した。

対応の説明

 騒音やゴミ問題などのトラブルを報告すると、Airbnbが審査し、必要に応じてホスト(民泊運営者)に懸念を伝える。

 報告フォームには名前とメールアドレスを入力する必要があるが、ホストに名前を明かさずに懸念を伝えることもできる。希望すれば、ホストと直接話し合えるように連絡先を伝えることも可能だ。

 Airbnbの民泊は現在、日本を含む190カ国以上で提供されており、累計8000万人以上が利用したという。

 民泊は日本でも外国人観光客の増加に伴い、慢性的な宿泊施設不足の解消策の1つとして注目されているが、近隣住民との間のトラブルも相次いでいる。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160601-00000044-zdn_n-sci