空き家数は倍増になると話題!

空き家数、2033年に2170万戸へ倍増 

 

 

 

 

 

野村総合研究所(NRI)は6月7日、2033年の総住宅数は6063万戸(2013年時点)から約7130万戸に増え、空き家数は約820万戸から約2170万戸に倍増するという推計を発表した。空き家率は13.5%から30.4%に上昇する。

【中古住宅を購入した世帯比率の実績と予測結果はこちら】

 空き家率を抑制するためには、既存住宅(中古住宅)の除却、住宅用途以外の有効活用のほか、既存住宅の購入世帯率(既存住宅流通量)の増加が必要になるという。

 中古住宅を購入した世帯の比率は、2005年の18%(12万戸)から2015年には29%(26万戸)へ増加。この傾向が2016年以降も続いた場合、2025年に42%(31万戸)、2030年に48%(34万戸)へ増加すると予測している。

 「既存住宅流通をさらに活性化させ、空き家を減らすためには『移動人口』の拡大(移住・住替え・買替えなど)が重要」(同社)としており、それを後押しする中古住宅の価値評価システムの整備や、民間事業者による新規ビジネスの創造(移住・住替え・買換えのサポートビジネスなど)といった取り組みが求められているという。

 

 

 

 

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160607-00000087-zdn_mkt-soci

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市