茨城県つくば市 西武筑波店の閉店が話題!

西武筑波店を閉店に追い詰めた「TX」の存在

 

 

 

 

8月最初の週末――。昼下がりに訪れた西武筑波店はひっそりとしていた。夏休み真っただ中にもかかわらず、家族連れを目にすることはほとんどない。1階の和菓子、洋菓子エリアには数人の客のみで、従業員のほうが圧倒的に多かった。

地図でわかる西武筑波店の厳しい競合状況

■ 売り上げはピーク時の半分

 セブン&アイ・ホールディングスは8月2日、傘下のそごう・西武が運営する百貨店2店の閉店を発表した。西武筑波店(茨城県つくば市)と西武八尾店(大阪府八尾市)で、2017年2月末に閉店する。5月に就任した井阪隆一・セブン&アイ社長の体制となって初めて実施される構造改革となる。

 今回閉店が発表された西武筑波店は、国際科学技術博覧会(つくば科学万博)が開催された1985年に開業。家族連れやシニア層を中心ににぎわい、1991年度には過去最高となる248億円の売り上げを記録した。だが、そこを境に業績は低下の一途をたどる。直近の2015年度の売上高は128億円と、ピーク時から半減するほどに落ち込んだ。

 「昔はにぎわっていたけど、ここ数年はまるっきり人がいなくなった。さびしい気持ちはあるが、閉店するのも仕方ない」。西武筑波店に孫と訪れた60代の男性はこう語る。

 西武筑波店が位置するつくば市の人口は2016年3月時点で22.4万人と10年前から3.2万人増加している。人口が増えているにもかかわらず、なぜ閉店という事態に追い込まれたのか。

 その要因の一つが、首都圏新都市鉄道が運営する「つくばエクスプレス」(TX)の存在だ。

 つくばエクスプレスは、茨城県・つくば駅と東京都・秋葉原駅を結ぶ路線で、2005年に開通。快速に乗れば45分程度でつくば駅から秋葉原駅に到着する。都心へのアクセスの良さを背景に、沿線付近の開発は年々活発化。都心に通う人たちのベッドタウンとして定着してきた。

 この好機を逃すまいと、つくばエクスプレスの開通前後から、沿線には次々と商業施設がオープンした。西武筑波店の周辺地域にも、イオンモールを中心とした大型店の出店が相次いだことで、「ファミリー層やシニア層が競合店へ流れていってしまった」(そごう・西武)。

■ 地元よりも都心の百貨店へ

 さらに、「アクセスが良くなったことで、都心に買い物へ出て行く人が増えた」(同)。つくばの場合、買い物をするのであれば、地元の百貨店ではなく、都心の百貨店まで足を運ぶ人が増えたというわけだ。こうした人の流れの変化に対応できなかった西武筑波店は2012年度から4期連続で営業赤字が続き、今回の閉店発表に至ることになった。

 振り返ると、セブン&アイの井阪社長は、5月の社長就任会見時に、各事業の抜本的な改革案を、10月の第2四半期の決算発表にあわせて公表する方針を示していた。だが、今回の百貨店2店の閉鎖は、8月に前倒しする形で公表された。なぜか。

 

 

 

 

 

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160809-00130841-toyo-bus_all