新京成ラーメン得々スタンプラリーが話題!

新京成ラーメン得々スタンプラリー16日スタート 全店制覇で黒どんぶり

 

                    

                   

新京成電鉄沿線のラーメン店12店を巡る秋恒例のイベント「新京成ラーメン得々スタンプラリー」が16日に始まる。8回目の今年は、男性参加者が目立った昨年までの反省から、女子大生が選んだ12店にスタンプを設置し“女性目線”のイベントに大変革。全店制覇で必ずもらえる「オリジナルラーメンどんぶり」には黒のデザインを採用した。おしゃれな感覚を持ち込んで女性をはじめとする幅広い客層に支持されるイベントへ脱皮を図る。

 ラリーは、沿線にラーメン店が多く「ラーメンライン」と呼ばれていることを知った同社の若手社員が発案し、平成21年にスタートした。昨年は人気漫画「キン肉マン」とタイアップした「ラーメンマンどんぶり」が景品に登場して話題に。どんぶりを目的に1373人が計9817杯のラーメンを食べた。1杯800円換算で、12店への経済効果は約800万円だ。

 ただ、スタンプ台紙を手に12店を回った人の多くは男性。同社の推計でも女性の参加は3割ほどだった。店の選定は同社社員が覆面調査員になって実施。ラーメン通と同時に武骨な電鉄マンの調査だけに、男性好みの味へ偏ったとしても不思議はなく、「対象となる12店の選定に原因があったのかもしれない」(同社)と分析している。

 秘策は「ラーメン女子」の力を借りること。今年は和洋女子大学(市川市)など沿線・周辺の大学に協力を求めた。7月に女子大生150人による「好きなラーメン店アンケート」結果が得られ、上位12店にラリーのスタンプ設置を依頼した。

 約半世紀も地元に愛される札幌ラーメンや、昔ながらのスープなどオーソドックスな飽きのこない味の店ばかり。ラーメン好き女子大生の繊細な味覚が分かる12店という。「今年は女性だけでなく、ファミリーにも好評間違いなし」と、同社担当者は期待している。

 ラリー参加方法は新京成各駅に置かれたチラシ兼用台紙に12店と最寄り駅のスタンプをセットで押して応募。12組(24個)すべてならもれなく、3組(6個)なら抽選で100人に特製ラーメンどんぶりが贈られる。最寄り駅スタンプを押した台紙を見せれば、各店でチャーシュー乗せやトッピングなどの得々サービスがある。

 イベントは12月15日まで。問い合わせは新京成フロンティア企画(電)047・311・8111=平日の午前9時~正午、午後1~5時半。

 

 

 

 

「第8弾新京成ラーメン得々スタンプラリー」を開催(10/16~12/15) - 新京成 ...

 

 

 

            

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161010-00000025-san-l12