東京都の銭湯が閉店で話題!

八王子の銭湯「松の湯」閉店へ 62年の歴史に幕 /東京

             

                                              

                                                                                                

八王子市内を通る甲州街道(国道20号)「本郷横丁東」交差点近くの銭湯「松の湯」(八王子市小門町)が10月30日に閉店することとなり、話題となっている。(八王子経済新聞)

店の掲示板には閉店のお知らせが貼り出されている

 1954(昭和29)年創業の同店。八王子に3店ある銭湯のうちの一つで、八王子駅と西八王子駅のちょうど中間に位置する。露天風呂やサウナなどを備える。

 10月に入り、店横の掲示板に「閉店のお知らせ」と書かれた張り紙が掲出された。今月いっぱいで閉店する旨に加え、「地域の皆さまに支えられて62年間営業を続けてまいりましたが、諸般の事情により閉店を余儀なくされましたことを深くお詫びしますとともに、これまでのご愛浴たまわりました皆さまには心より感謝申し上げます」と常連客への感謝の言葉も添えられている。

 これに対し、閉店を惜しむ利用者が署名運動を開始。「やめないでください」などと店にメッセージを残す人も現れている。ネットでも「廃業、残念」「市民のためにも続いてほしい」「悲しすぎる」「あと何回来られるかな」「今年一番のショック」(以上、原文ママ)などと惜しむ声が上がっている。

 週に1度は市内の銭湯に行くというレストランバー「SCENE」(明神町4)マネジャーの吉見直高さんも閉店を惜しむ一人。「深井戸からくみ上げる湯は熱湯でもやわらかく子どもにも優しい。息子も松の湯のお湯は大好きだったので、銭湯を閉めるのを聞いてものすごく残念そうだった。『もう使わないから』と頂いたアヒルはいつも吉見家のお風呂で子どもたちを見守っている」とも。

 閉店後、市内の銭湯は福の湯(本町)と稲荷湯(子安町1)の2店になる。吉見さんは「ほんの一握りだとは思うが、日常の不便を訴える方にとっては大変。災害時、上水道が使えなくなった時の公衆衛生にも地下水をくみ上げる銭湯は役に立つはず。古き時代のレガシーが消えてゆくさまが寂しい」と話す。

 営業時間は14時~24時。

 

 

 

 

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00000041-minkei-l13

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市