飲食店のドン引きエピソードが話題!

コレってアリ!? 私が体験した「飲食店」ドン引きエピソード

              

                      

                                 

世間を騒がせるニュースでも、誰かとの会話の中でも、昔から話題となりやすいのが、“やらかしてしまった飲食店”の話。何か異物が混入していたり、とにかく店員が失礼だったり、高いのに味がイマイチだったり……。飲食店で嫌な思いをすると、お金を払っているのになぜこの仕打ち!と、悔しくてついつい誰かに話したくなってしまいます。TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」の11月10日の生放送では、パーソナリティをつとめる、たかみなが、「私が体験した『飲食店』ドン引きエピソード」に寄せられたメッセージに答えてくれました。

まずは飲食店の「味」に関する、こんなエピソードから。

「シェフの気まぐれサラダならぬ、シェフの気まぐれ味付け!なのが、近所に唯一あるイタリアンのお店。美味しいときもあるけど、次に行くと全然味が違う……。毎回ソースの塩加減や辛さが違うので、陰では“闇のパスタ”と呼ばれています」

このエピソードに、たかみなは「これ、どうなんでしょうね!? メニューの開発とかポジティブに考えることもできますけど、味はある程度安定しててほしいですよね(笑)」と苦笑。確かに、安定感がないといつでも安心して行くことはできませんね。

「その地域では有名なうどん屋さんに行ったときのこと。ざるうどんを注文して食べていたら、店員のおばさんが“うちはつゆも美味いんだから、飲まなきゃダメだよ”と。蕎麦湯みたいに薄めて飲むならまだしも、そのまま飲んだらしょっぱいだけだよ」

こうした「味の押し付け」系のお店もわりと良く聞く話。たかみなも「そこは自由にさせてほしい!」と、メッセージに共感していました。

「10年前に仕事先でふらっと入った小さなラーメン屋での出来事。老夫婦が経営しているらしい店内は、昼間なのにひっそりとしていて、客は私ひとり。時間がなかったので普通のラーメンを注文したら、夫婦で奥の厨房に引っ込み、何やらコソコソ話している様子。15分後にやっと出てきたラーメンは、冗談かと思うほどぬるく、何味かわからないスープからは雑巾臭が……。もちろん半分も食べずに帰りました」

「自他ともに認める味音痴で、たいがいのものは美味しく食べられる僕。ですが、友達と入ったレストランには驚きました。あるアニメとのコラボレーションで期間限定オープンしていたそのお店、メニューの値段は普通の1.5倍。味は、最悪……。リゾットには味がなく、もはやお粥。パエリアは炊飯器に入れっぱなしの3日目のお米状態。ほとんど残して席を立ち、レジでお会計。その金額を見て怒りに震えました」

味の問題は受け取る側の個人差があるものの、あきらかに「努力不足」と感じることってありますよね。プロとしてお金をもらっているのだから、なるべく美味しいものを作ろうという努力はしてほしいものです。

次にご紹介するのは、「店員さんの態度」編。

「昔、居酒屋でアルバイトをしていた頃の話。女性好きの雇われ店長は、自分好みの美人のお客さんには大盛にするという、明らかに誰が見てもわかるようなサービスをしていました。その噂がオーナーに伝わり、半年後にその店長はお店をやめることに。どうやらお客様の中でも、多くの人が贔屓(ヒイキ)に気付いていたようです」

「居酒屋で、注文した品を待って1時間。そこそこ混んではいたものの、こなせない人数ではないはず。“まだですか?”と聞いたら、“はぁ。ちょっと待ってください”とリアクションも薄い店員。仕方なく待ったものの、そこから1時間、ビールだけで過ごす羽目に。“もういいです、お会計で”と怒って言っても“はぁ。ありがとうございます”との返事のみ……。外に出たら同じように出てきた別のお客さんたちが口々に怒っていて意気投合。別のお店にみんなで飲みに行きました(笑)」

「彼女とのデートで行ったお寿司屋さん。味はいいけど店主が会話にめちゃくちゃ入ってくる! ゆっくり話したいのに毎回入ってくるので空気が微妙に。しかも自分の話に持っていく。最終的には奥さんとの馴れ初めを延々と聞かされることに……」

このお寿司屋さんのエピソードに「たぶんね、その場を盛り上げようとする素敵な店主さんだと思うんですけど、あまりに入り過ぎるとね」と、たかみな。空気を読みながら話しかけるのも、飲食業の大事な心得と言えそうです。

人間なのである程度仕方ないところもあるのが「接客」問題。ですが、さすがに贔屓やオーダーの遅れに謝ることができないのはプロとして失格ですよね。自分の話ばかりしてしまう店主も、良かれと思ってのことなのか……。空気を読んでほしいところです。

また、子連れのママさんたちならではの「ドン引き」事件も。

「ホームページに子連れ歓迎!と書いてあったから行ったレストラン。着いたらエレベーターなしで、ベビーカーをたたんで持ち上げて階段で上がることに。それはまだいいとして、いざ食事を始めたら子どもがグズって泣き始めたのですが、すごく冷たい目で見てくるスタッフさん……。その気がないなら、ホームページに子連れ歓迎と書かないでほしい」

「手作り離乳食メニューあり、と書いてあったので頼んだら、あきらかに市販のモノを使っている味……子どもはごまかせても、母の舌はごまかせないぞ~! 市販なら市販と書いてくれれば、それでいいのに」

飲食店と子連れママさんはトラブルが起こりやすい関係。どちらも気を遣いあい、気持ち良く食事の時間を楽しみたいですね。

そして飲食店ではありませんが、こんなエピソードもありました。

「カラオケ店での話です。昔、都内のカラオケに行ったときに、当時先駆けのコスプレサービスをやっていたので、同僚が無料サービスだと思い何着も借りていたら、なんと会計時に数万円も請求されました。確認しなかったこちらも悪いが、金額提示ぐらいしろ!」

金額は最初に確認! トラブルを避けるためにも徹底しましょう。

また、たかみなは飲食店側だけでなく、お客さんにもドン引きすることがあるとのこと。特に気になるのは「ファミレスで、なぜか粋がるお客さん」。「ファミレスで、ドレッシングの量が少ないとか怒鳴っている人を見ちゃうと、そんなに怒鳴らなくてもって(笑)。お子さんたちも多いですからね。ファミレスで大きな声を出しているのを見ると、礼儀がなってないなと思っちゃいます」と言っていました。

人間だから、味がぶれることもあれば、接客が思うようにできないときもあります。でも、イマイチな評判が続くお店はいつか知れ渡り、経営が傾くことに繋がるはず。やはり「ドン引き」させるようなことはなるべくしないよう、気を付けてほしいものですね。

TOKYO FM 80.0MHz

東京のFMラジオ局 TOKYO FM。周波数80.0MHz。オンエア楽曲の検索、番組の紹介、最新音楽情報、ポッドキャスト、ブログ、ゲスト写真、プレゼント情報が満載!

 

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161115-00010002-tokyofm-life

内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市