東京都墨田区の両国駅で-両国- 江戸NORENが開業話題!

両国駅に「-両国- 江戸NOREN」 旧駅舎を改装、和食12店と観光案内所 /東京

 

 

                            

                                 

JR両国駅西口に11月25日、江戸の食を集めた商業施設「-両国- 江戸NOREN」が開業する。「粋な江戸の食文化を楽しむ」をコンセプトに12の和食店が出店する。(すみだ経済新聞)

内観イメージ

 1929(昭和4)年に建造されたJR両国駅旧駅舎を改装した同施設には、江戸の町屋を意識した吹き抜け空間が広がる。「味・素材・料理人にこだわった」という江戸の三味(江戸前ずし・天ぷら・そば)を提供する店や月島もんじゃストリートの人気店「月島もんじゃ もへじ」、江戸の昔から庶民に親しまれてきたという深川めしを提供する「門前茶屋 成る口」、都内の全酒蔵10蔵から日本酒30種を常時用意し、1杯300円で全銘柄が利き酒感覚で提供する「利き酒マシン」を設置する「東京商店」など、和食12店舗と観光案内所を併設。江戸の伝統や文化を楽しめるイベントや催事なども今後予定する。

 営業時間は10時~23時30分(初日は11時オープン、店舗により営業時間が異なる)。

 

 

 

 

-両国-江戸NOREN:ジェイアール東日本都市開発

粋な江戸の食文化を楽しむ。」をコンセプトに12の和食店が両国駅に集結。歴史ある両国駅の旧駅舎に、江戸の町屋を意識した吹抜け空間が広がります。和食の魅力に触れ、江戸の食文化や伝統をお楽しみ下さい。

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00000053-minkei-l13