千葉県千葉市中央区の千葉パルコ閉店で話題!

千葉パルコあす閉店 40年の歴史に幕 跡地に複合高層ビル

                     

                        

                    

40年間、エリアを超えて県民に親しまれてきた商業施設「千葉パルコ」(千葉市中央区)が30日に閉店する。「いつも楽しく買い物に来ていた」「なくなるのは寂しい」。同店で開催中の最終セールには、かつての思い出に浸りながら買い物をする客の姿も。一方で、跡地にマンションと商業施設が入る複合高層ビルが建設される見通しで、周辺の商店街関係者からは「総合スーパーマーケットがいい」「子供が遊べるスペースも確保してほしい」といった声も上がっている。

 「開店セールにも来た。学生のころは放課後にアイスクリーム屋へ行って楽しんだ」。営業最終月を迎えた11月、閉店セールで買い物を済ませた習志野市の会社員、老山泉さん(51)は、懐かしそうに話した。閉店セールが開かれる店内では、大勢の家族連れや若者らでにぎわい、両手いっぱいに購入品を抱え買い物を楽しんでいた。老山さんによると、昔はオートテニスをできるスペースがあったといい、「学生のお小遣いで使える程度の値段で楽しめたんですよ」と話す表情は、どこか寂しそうだった。

 千葉パルコは昭和51年開店。平成3年のピーク時に約230億円の売上高を記録したが、27年は約51億円に減少。収益力向上を目指したが厳しい運営が続き、賃貸借契約の満了とともに閉店することを決めたという。

 千葉パルコに近い千葉銀座商店街に店舗を構え、千葉パルコに入店したこともある菓子屋「与三郎の豆」の福井晶一社長は、パルコの開店から公私ともに関わってきた。開店当時の20歳ときには洋服屋でアルバイトを経験したといい、「都市の仲間入りしたようでウロウロするだけでも優越感に浸れた」。

 パルコのスタッフは同商店街主催の清掃活動やフリーマーケットを手伝いに来てくれたといい、「とても助かった」と、両者の良好な関係を明かした。

 ここ数年は与三郎の豆から豆菓子などを提供。パルコ側の「地元の老舗の品物をイベントなどを通してお客さまに提供したい」との要望があったという。福井社長は「悲しくて仕方がない」と残念そうに肩を落とした。

 一方、跡地には新日本建設(本社・千葉市美浜区)がマンションと商業施設を合わせた高層ビルを建設することが判明。千葉パルコの土地・建物の持ち分を買収し、地権者との協議がまとまり次第、着工する予定だという。

 同社によると、ビルは地上20階建て、地下1階となる構想で、3階以上を400戸規模のマンションとし、地下1階から地上2階に店舗が入る予定。総事業費は200億円程度としており、同社の担当者は「千葉市と協力し、千葉銀座商店街とJR千葉駅周辺の活性化に貢献したい」としている。

 

 

フロアガイド | 千葉PARCO

千葉パルコのショップガイド。ショップの詳細情報やブログをご覧いただけます。

 

 

 

新日本建設株式会社

千葉県千葉市。マンション・一戸建て分譲の企画・設計・施工。IR情報、施工事例集の掲載。

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161129-00000044-san-l12

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市