東京都目黒区に老舗店舗の満寿屋商店(ますやパン)がオープンして話題!

十勝をたっぷり味わって 北海道の老舗が東京に上陸

                       

              

  

店舗情報一覧【満寿屋商店(ますや)】

Shop information of MASUYA. 全店舗において十勝産小麦100%。 その中で作 ...

 

                   

【このパンがすごい!】満寿屋商店(東京都)

 日本の小麦の1/4を栽培する大生産地、北海道・十勝。そこに、小麦畑も備える日本一広い(といわれる)パン屋がある。満寿屋商店(ますやパン)。100%十勝産小麦を使い、その小麦を作った農家がパンを買いにやってくる究極の「顔が見える」ベーカリー。どんな人が、どんな土地で、どんなふうに小麦を作っているかまで知り尽くしたこの店が、11月29日、東京に上陸。十勝の小麦文化の中で培われたパンで勝負をかける。

【写真】バターをごくごく飲む背徳感。十勝産のよつ葉バターを惜しげなく使っているあんばたサンド

 白き食パンにはさまれた、白きスパゲティ。これはなんだ? 十勝で多くの人に愛される、白スパサンドである。さわさわと沈み込み、やわらかな食パンがふにっと。そこにつづいて、ぷつぷつぷつとスパゲティが歯切れる快楽。スパゲティはナポリタンか? ミートソースか? いやマカロニサラダのごとく、辛子マヨで和(あ)えただけのもの。辛子の塩梅(あんばい)が絶妙。「辛い」というまで至らず、舌や鼻孔をつんつんする、イタ気持ちいい感じ。それをマヨネーズがまろやかに癒やす。なんというシンプルな味付け。飽食の世に逆に新鮮でなつかしい。

 食パンはもちろん、パスタもゆめちからと北海道産を使用。このように、満寿屋商店では小麦をはじめとする具材のほとんどは十勝産。食材の王国だけに、質のよいものがふんだんに使われる。

 とろーりチーズパンの衝撃。パンの上にどろーんと大量のチーズがとろけている。焼きたてをはふはふとかぶりつく。口にもっていくまでもなく、チーズのミルキーな香りがふんぷんと。その中に、牧歌的な田舎の香りがぷーんと香ったのは、十勝産ラクレットチーズ(十勝品質事業協同組合が製造)。口の中でとろける。ミルクの幸福で思わずにやける間もなく、パンが寄り添ってくる。外側かりかり、中身むちむち。全粒粉が効果的にブレンドされ、頼りがいあるブラウンの風味を滲(にじ)ませるので、チーズとのからみがいい。これはまさにスイスの郷土料理ラクレットをワンポーションで実現したパンなのだ。

 掟(おきて)破りの大量チーズパンはこうして作られる。「チーズを入れすぎると溶け出してしまう。なるべくたくさん入れるために二度焼きしています。チーズを中に入れて一度パンを焼き、さらに仕上げにチーズをかけています」と杉山雅則社長。

 あんばたサンドにも、どどーんと厚切りのバター。バター不足もなんの、十勝産のよつ葉バターを惜しげなく使用できるのも、満寿屋商店ならではだ。緑色のあんこから畑の風味がした。北海道産の青えんどうまめで作る「えんどうあん」。ときどき、つぶしきらないお豆がこりこり。そのまったりやさしい甘さに浸る暇も与えず、大量のバターがどろり口の中で溶け出し、オイリーさの洪水に身も心も持っていかれそうになる。バターをごくごく飲む背徳感。あんばたのバターがあんこより前に出ようとするのにははじめて出会った。

 

 

ますやパン 本店 (満寿屋) - 帯広/パン [食べログ]

ますやパン 本店/満寿屋 (帯広/パン)の店舗情報は食べログでチェック!【分煙 / 禁煙】口コミや評価、写真など、ユーザーによるリアルな情報が満載です!地図や料理 ... こちら満寿屋商店の方と仕事上で知り合い、興味を持って訪問してみました。

 

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161203-00010000-asahit-l13