ガソリンスタンド経営会社が過去最大の倒産で話題!

ガソリンスタンド経営業者としては過去最大の倒産、関西を中心にガソリンスタンド「ベストプライス」を展開していたアルフレックスが破産開始

 

破産 - Wikipedia

破産(はさん)は、債務者が経済的に破綻して、弁済期にある債務の総債権者に対して債務を一般的・継続的に弁済することができない状態にあること。

                              

(株)アルフレックス(TDB企業コード:500474761、資本金40億8000万円、京都府京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65、代表近藤憲和氏)は、12月5日に京都地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は木村圭二郎弁護士(大阪府大阪市中央区北浜3-7-12、共栄法律事務所、電話06-6222-5755)。財産状況報告集会期日は2017年4月26日午後3時。

 当社は、2000年(平成12年)3月に設立。業転物のガソリン(石油元売りによって過剰に生産されたガソリン)を石油関連商社から安価で仕入れ、一般顧客に低価格で販売するビジネスモデルで、「ベストプライス」の店名で関西を中心に、北海道、中部、北陸、中国、九州などでガソリンスタンドを運営し、2012年3月期には年売上高約135億円を計上していた。

 しかし仕入先との係争を抱えるなど問題も多く、2015年10月には(株)整理回収機構の債権回収を免れるために資産を隠蔽したとして、代表取締役社長の近藤憲和氏および代表取締役西山篤磨氏(2016年5月に代表を辞任)など6名が強制執行妨害の疑いで逮捕される事態が発生(その後、4名は不起訴)。同年11月には(株)整理回収機構が当社に対し、損害賠償を求めていた訴訟で、約40億円の支払いを命じた2審大阪高裁判決が確定していた。その後も2016年7月には西山篤磨氏が強制執行妨害目的財産損壊などの罪に問われ、懲役1年6カ月の実刑判決が下されるなど動向が注目されていた。

 こうしたなか、債権回収の見込みが立たないことから、債権者である(株)整理回収機構より10月18日に京都地裁へ破産を申し立てられ、今回の措置となった。

 負債は約163億4100万円(うち、整理回収機構からの請求元本が約38億8900万円、遅延損害金等が約119億2200万円)で、ガソリンスタンド経営業者としては(株)柿本石油(負債102億8300万円、2009年3月破産、青森県)を上回り、負債総額は過去最大となる。

 なお、営業に関しては、破産管財人の管理のもとで通常通り行われており、現在、新たなスポンサー企業を選定すべく入札を行っている。

 

 

 

ガソリンスタンド経営・用地募集・機器買取 « サービス内容 ... - アルフレックス

株式会社アルフレックスでは、プライベートブランドのガソリンスタンド”ベストプライス「BEST PRICE」”を全国展開しております。当社が100%出資・経営する”ベストプライス(BEST PRICE

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00010000-teikokudb-ind