東京都台東区の和食店舗がサチのお寺ごはんとコラボで話題!

浅草の和食店が限定「お寺めし」 コミックに登場した精進料理のレシピで提供 /東京

                       

                    

 

サチのお寺ごはん |Championタップ!

名前のとおり、いちいちツイてない臼井幸(うすいさち)27歳。 コンビニ飯を全制覇するような食生活の幸は、 ある夜、コンビニでいつもの買い物中に お坊さんたちに出会って…。

 

                              

つくばエクスプレス浅草駅近くの和食料理「浅草おと」(台東区浅草2、TEL 03-5830-7720)が11月26日、期間限定で「お寺めし」の提供を始めた。(浅草経済新聞)

原案協力の久住さんと監修の青江さん

 精進料理のレシピを漫画化したコミック本「サチのお寺ごはん」とのコラボレーションとなる同企画。コミックに登場したレシピから、今季の素材を使うメニューを実際に提供。同コミックを監修した緑泉寺(西浅草1)住職の青江覚峰さんが、同店オーナーの畑谷芳樹さんと意気投合し実現した。

 和食の「だし」にこだわる同店に青江さんが通うことで「親交が深まった」と話す畑谷さんは「緑泉寺とコラボしたかった」と念願を口にする。

 企画に先立ち、同店では作者のかねもりあやみさんと原案協力の久住昌之さんが参加した試食会を開催。「ストーリーで取り上げるメニューは実際に作る」というかねもりさんや、「料理や人物のおいしそうな表情をモノクロで描くことの大変さ」などのエピソードも聞かれた。

 青江さんはコミックに登場したレシピを実際に提供することで「精進料理はどの国の人でも食べることができる。浅草での取り組みを世界に安心して薦められるものにしていきたい」と意気込む。畑谷さんは「漫画を見たことが浅草に来るきっかけになってもいい。浅草を体験した締めくくりに料理を味わってもらえれば」と呼び掛ける。

 主な限定メニューは、「彼岸ずし」(780円)、「キノコのりあえ」(480円)、「飛竜頭」(620円)、「なす揚げ浸し」(420円)。

 営業時間は17時~24時。月曜定休。限定メニューの提供は年内の営業終了日まで。

 

 

 

浅草 おと / Asakusa OTO | Facebook

浅草 おと / Asakusa OTO、東京都 台東区 - いいね!1291件 · 220人が話題にしています · 1464人がチェックインしました -

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161206-00000029-minkei-l13