ラオックス閉店で話題!

姿を消す中国の爆買い 釧路空港「ラオックス」が半年で閉店

 

 

 

お屠蘇気分もすっかり抜けたニッポンだが、海の向こうはこれからが本番。中国の旧正月・春節休暇が今年は1月27日から始まる。

 例年なら中国人の“爆買い”が日本各地を席巻するところ、1月10日、総合免税店大手のラオックスは、北海道の釧路空港店を閉店した。中国でも人気の福原愛を広告塔にするチェーン店が、商機を前に撤退したのにはどんなワケがあるのか。

 地元記者が言う。

「北海道では、昨年12月末に旭川駅前通り店が開店から1年3カ月で撤退しています。釧路空港店は昨年6月にオープンしたばかりで、閉店までわずか半年あまり。空港ビルとは5年間のテナント契約を結び、日本語と中国語、英語に対応できるスタッフを揃え万全の体制だったのですが」

 

 

 

 

 店頭には炊飯器などの家電から化粧品、医薬品まで売れ筋の商品を並べたが、全く売上が伸びなかった。

「昨年11月、ラオックスは空港に閉店の意思を伝えていました。これで8つあった道内の店舗は札幌や小樽など6店のみです」(同)

 年間約68万人の利用客を誇る釧路空港は、春節ともなれば釧路湿原の丹頂鶴や知床の流氷目当てに、多くの中国人が訪れる道東の玄関口だ。2015年4月から16年3月までは、中国や台湾などからのチャーター便も計62便就航していたという。

 ところが、である。管理する釧路空港ビルによれば、

「昨年4月から、中国を含め海外のチャーター便が全く来ない状態が続いております。お店としても、これでは先が見通せないという結論に至ったのでは……」

 経済部の記者が解説する。

「12日には、大阪・ミナミに今春開店予定だった関空資本の大型免税店が、取り止めを発表しました。昨年春から習近平主席は、海外で購入した製品、例えば腕時計なら最大60%もの高額関税をかける施策を始めた。急速な元安も手伝って日本でモノを買っても損をする。訪日のメリットが薄らいでいるのです」

 地方からジワジワと、確実に“爆買い”の光景は姿を消しつつあるようだ。

 

 

日本国内最大規模の免税店 ラオックス株式会社

日本国内最大規模の総合免税店ネットワーク「ラオックス」のコーポレートWebサイトです。各店舗の情報やオンラインストアもご紹介。

 

 

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12599182/

 

内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市