店舗数を減らさない方向で計画のマクドナルドが話題!

日本マクドナルド、今期は営業3割増益予想 店舗数は減らさず

 

 

 

日本マクドナルドホールディングス<2702.T>は9日、2017年12月期の連結営業利益が前年比29.9%増の90億円になるとの見通しを発表した。今期は、ビジネスの「回復」から「強化」の段階に移行させるとしている。

既存店売上高は前年比5.0%増と2期連続のプラスを見込んでいる。すでに発表された1月は12.3%増だった。

前期末の店舗数は2911。今期は10―15店舗の新規出店、20―30店舗の閉店、350―400店舗の改装を計画している。今期は店舗数を減らさない方向で計画。サラ・カサノバ社長は会見で「既存店の売上げや収益率を向上させる」と述べ、既存店の成長ポテンシャルを強調した。

 

サラ・カサノバ - Wikipedia

サラ・カサノバ(Sarah L. Casanova、1965年4月6日 - )は、カナダ出身。日本マクドナルドホールディングス株式会社、日本マクドナルド株式会社代表取締役社長兼CEO。


米マクドナルドが保有する日本マクドナルドHD株式の一部を売却するプロセスについては「現時点では何もアップデートはない」と述べるにとどめた。

また、トランプ米大統領の就任によるビジネスへの影響については「コメントするにはまだ日が浅い、時期尚早」とした。

<16年12月期は3期ぶりに最終黒字>

16年12月期の連結売上高は前年比19.6%増の2266億円、営業損益は69億円の黒字(前期は234億円の赤字)、最終損益は53億円の黒字(同349億円の赤字)となった。最終損益の黒字は3期ぶり。改装効果や限定メニューの投入、話題となるキャンペーンなどで、既存店売上高が好調に推移した。

既存店売上高は1年を通じて全ての月でプラスを続け、同20%増と予想を超える伸長。客数・客単価ともに伸びた。

 

日本マクドナルドホールディングス

東京都新宿区。日本マクドナルド等の持株会社。ニュースリリース、企業・IR情報。

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170209-00000062-reut-bus_all

内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市