店舗閉店しやすい飲食店舗の特徴は?の話題!

駅から5分圏内でも70%以上!閉店しやすい飲食店の特徴は?

        

 

 

「飲食店.COM」を通じて飲食店の出店や運営の支援を行なうシンクロ・フードでは、飲食店のライフサイクルをサポートするという目的のもと、飲食店の閉店や移転がトラブルなく行なえるように助言も行なっている。

 

 

しかし近年、これらの事業を運営する中で、戦略的ではない閉店が非常に多く存在し、またそれらが増加してきていることを感じていたという。

閉店するには様々な要因があるが、閉店する飲食店の傾向や特徴を把握し、それらに応じた対策を開業前から施しておくことで、閉店に繋がるマイナス要素を少しでも減らすことができるはず。

そう考えた同社では今回、前出のf理由や背景から閉店する飲食店の傾向を分析。「営業年数別」「店舗の広さ別」「立地別(最寄り駅からの距離)」という3つの軸から調査を行なった

 

 

飲食店の店舗物件・出店開業・運営支援サイト 飲食店.COM

飲食店の出店・開業をお考えの方々に飲食店向けの店舗物件情報など飲食店出店開業・運営に役立つ情報をワンストップで提供しています.


■営業年数別の閉店割合

営業年数別に見ると、閉店する飲食店の営業年数は、半数を超える60%以上が2年以内ということになる。2014年から2016年の間の推移では、2015年に営業年数1年未満が大きく増えたものの、2014年と2016年の割合はほぼ同水準であり、この3年間では、営業年数別の数値に大きな変化は生じていない。ただ、閉店する理由として、「人材難」という理由も挙がるようになってきており、今後の動向に注目していく必要がある。

■店舗の広さ(坪)別の閉店割合

広さ別に見ると、20坪以下の店舗が52.7%を占めている。飲食店の場合、20坪以下の店舗の割合が多いため、この数値だけで小規模な店舗の閉店率が高いということは言えない。しかしながら、30坪までの店舗も含めて、中小規模の店舗の閉店割合は、この3年間で緩やかに上昇している。

■立地別(最寄り駅からの距離)の閉店割合

立地別(最寄り駅からの距離)に見ると、最寄り駅から5分以内での店舗の割合が73.3%とかなり高い割合を占めている。この割合に関しても、駅近くに所在する店舗は相当数あると考えられるため、この数値だけで閉店率を判断することはできない。しかしながら、駅から徒歩5分以内に所在する飲食店の割合は3年間で上昇傾向にあり、駅近くの飲食店が必ずしも有利ではない傾向が出てきているかもしれない。

■閉店率の高い飲食店の傾向と閉店率が高くなる仮説
上記のデータ分析のとおり、「”店舗の広さは小規模(20坪未満)、最寄り駅から徒歩5分以内の立地で、営業年数は2年以内のお店”」が閉店の割合が高い。なぜ上記の傾向の飲食店が閉店するのか。同社は下記のような飲食店を取り巻く環境や状況が影響しているのでは、と分析している。飲食店の売上は、通販やテイクアウト販売を行なわない限り、多くは店舗の広さで決まる。昨今は人件費や牛肉などの一部の食材費が増加傾向にあり、売上は変わらないが、コストが増加していることが考えられる。また、駅に近い店舗の場合は、もともと賃料が高く、損益分岐点が高いため、そのような状況下では収益率が低くなってしまう。

■閉店に繋がる要素の整理と適切な閉店に関する情報

以上のように、原因を把握しておくことで対策を適切に施すことが可能。「駅前に出店=売上が上がる」という考え方だけでなく、出店の際に「損益分岐点を超える立地を探すこと」や出店後も「店舗周辺のターゲット層を読むこと」ことがますます重要になってくる。また、食材仕入れや採用コストを効率化していく重要性も増していくものと思われる。それでもやむを得ず閉店をする際には、居抜きでの店舗売却や、事業譲渡や店舗単位でのスモールM&Aなど、タイミングや手法を適切に選択し、閉店時の金銭的な負担や工数の負担を下げることも重要になってくる。今後も、飲食店.COMや居抜き情報.COMでは、閉店のマイナス要素を減らすために開業前に知っておくべきことや、閉店時に役に立つデータを集約していき、開業者や店舗運営者のサポートをさらに強化していきたいと考えているという。
「飲食店.COM」を通じて飲食店の出店や運営の支援を行なうシンクロ・フードでは、飲食店のライフサイクルをサポートするという目的のもと、飲食店の閉店や移転がトラブルなく行なえるように助言も行なっている。しかし近年、これらの事業を運営する中で、戦略的ではない閉店が非常に多く存在し、またそれらが増加してきていることを感じていたという。

 

居抜き物件・飲食店舗の売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM

居抜きでの店舗売却や買取りは居抜き情報.COMにお任せください。飲食店の移転・閉店で悩んだらまずは相談ください。店舗の無料査定や譲渡先の募集など、店舗売却の成約多数。


閉店するには様々な要因があるが、閉店する飲食店の傾向や特徴を把握し、それらに応じた対策を開業前から施しておくことで、閉店に繋がるマイナス要素を少しでも減らすことができるはず。そう考えた同社では今回、前出のf理由や背景から閉店する飲食店の傾向を分析。「営業年数別」「店舗の広さ別」「立地別(最寄り駅からの距離)」という3つの軸から調査を行なった

■営業年数別の閉店割合

営業年数別に見ると、閉店する飲食店の営業年数は、半数を超える60%以上が2年以内ということになる。2014年から2016年の間の推移では、2015年に営業年数1年未満が大きく増えたものの、2014年と2016年の割合はほぼ同水準であり、この3年間では、営業年数別の数値に大きな変化は生じていない。ただ、閉店する理由として、「人材難」という理由も挙がるようになってきており、今後の動向に注目していく必要がある。

■店舗の広さ(坪)別の閉店割合

広さ別に見ると、20坪以下の店舗が52.7%を占めている。飲食店の場合、20坪以下の店舗の割合が多いため、この数値だけで小規模な店舗の閉店率が高いということは言えない。しかしながら、30坪までの店舗も含めて、中小規模の店舗の閉店割合は、この3年間で緩やかに上昇している。

■立地別(最寄り駅からの距離)の閉店割合

立地別(最寄り駅からの距離)に見ると、最寄り駅から5分以内での店舗の割合が73.3%とかなり高い割合を占めている。この割合に関しても、駅近くに所在する店舗は相当数あると考えられるため、この数値だけで閉店率を判断することはできない。しかしながら、駅から徒歩5分以内に所在する飲食店の割合は3年間で上昇傾向にあり、駅近くの飲食店が必ずしも有利ではない傾向が出てきているかもしれない。

■閉店率の高い飲食店の傾向と閉店率が高くなる仮説
上記のデータ分析のとおり、「”店舗の広さは小規模(20坪未満)、最寄り駅から徒歩5分以内の立地で、営業年数は2年以内のお店”」が閉店の割合が高い。なぜ上記の傾向の飲食店が閉店するのか。同社は下記のような飲食店を取り巻く環境や状況が影響しているのでは、と分析している。飲食店の売上は、通販やテイクアウト販売を行なわない限り、多くは店舗の広さで決まる。昨今は人件費や牛肉などの一部の食材費が増加傾向にあり、売上は変わらないが、コストが増加していることが考えられる。また、駅に近い店舗の場合は、もともと賃料が高く、損益分岐点が高いため、そのような状況下では収益率が低くなってしまう。

■閉店に繋がる要素の整理と適切な閉店に関する情報

以上のように、原因を把握しておくことで対策を適切に施すことが可能。「駅前に出店=売上が上がる」という考え方だけでなく、出店の際に「損益分岐点を超える立地を探すこと」や出店後も「店舗周辺のターゲット層を読むこと」ことがますます重要になってくる。また、食材仕入れや採用コストを効率化していく重要性も増していくものと思われる。それでもやむを得ず閉店をする際には、居抜きでの店舗売却や、事業譲渡や店舗単位でのスモールM&Aなど、タイミングや手法を適切に選択し、閉店時の金銭的な負担や工数の負担を下げることも重要になってくる。今後も、飲食店.COMや居抜き情報.COMでは、閉店のマイナス要素を減らすために開業前に知っておくべきことや、閉店時に役に立つデータを集約していき、開業者や店舗運営者のサポートをさらに強化していきたいと考えているという。

 

 

開店閉店.com – 日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

北海道. 中標津函館北見千歳名寄夕張室蘭小樽帯広恵庭旭川札幌根室江別留萌登別石狩稚内紋別苫小牧網走釧路. 東北. 宮城山形岩手福島秋田青森. 関東・甲信越. 千葉埼玉山梨新潟東京栃木神奈川群馬茨城長野. 東海・北陸. 富山岐阜愛知石川福井 ...

 

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170319-00010000-dime-bus_all

 

 

駅から5分圏内でも70%以上!閉店しやすい飲食店の特徴は?

 

 

 

「飲食店.COM」を通じて飲食店の出店や運営の支援を行なうシンクロ・フードでは、飲食店のライフサイクルをサポートするという目的のもと、飲食店の閉店や移転がトラブルなく行なえるように助言も行なっている。しかし近年、これらの事業を運営する中で、戦略的ではない閉店が非常に多く存在し、またそれらが増加してきていることを感じていたという。

閉店するには様々な要因があるが、閉店する飲食店の傾向や特徴を把握し、それらに応じた対策を開業前から施しておくことで、閉店に繋がるマイナス要素を少しでも減らすことができるはず。そう考えた同社では今回、前出のf理由や背景から閉店する飲食店の傾向を分析。「営業年数別」「店舗の広さ別」「立地別(最寄り駅からの距離)」という3つの軸から調査を行なった

 

飲食店の店舗物件・出店開業・運営支援サイト 飲食店.COM

飲食店の出店・開業をお考えの方々に飲食店向けの店舗物件情報など飲食店出店開業・運営に役立つ情報をワンストップで提供しています.


■営業年数別の閉店割合

営業年数別に見ると、閉店する飲食店の営業年数は、半数を超える60%以上が2年以内ということになる。2014年から2016年の間の推移では、2015年に営業年数1年未満が大きく増えたものの、2014年と2016年の割合はほぼ同水準であり、この3年間では、営業年数別の数値に大きな変化は生じていない。ただ、閉店する理由として、「人材難」という理由も挙がるようになってきており、今後の動向に注目していく必要がある。

■店舗の広さ(坪)別の閉店割合

広さ別に見ると、20坪以下の店舗が52.7%を占めている。飲食店の場合、20坪以下の店舗の割合が多いため、この数値だけで小規模な店舗の閉店率が高いということは言えない。しかしながら、30坪までの店舗も含めて、中小規模の店舗の閉店割合は、この3年間で緩やかに上昇している。

■立地別(最寄り駅からの距離)の閉店割合

立地別(最寄り駅からの距離)に見ると、最寄り駅から5分以内での店舗の割合が73.3%とかなり高い割合を占めている。この割合に関しても、駅近くに所在する店舗は相当数あると考えられるため、この数値だけで閉店率を判断することはできない。しかしながら、駅から徒歩5分以内に所在する飲食店の割合は3年間で上昇傾向にあり、駅近くの飲食店が必ずしも有利ではない傾向が出てきているかもしれない。

■閉店率の高い飲食店の傾向と閉店率が高くなる仮説
上記のデータ分析のとおり、「”店舗の広さは小規模(20坪未満)、最寄り駅から徒歩5分以内の立地で、営業年数は2年以内のお店”」が閉店の割合が高い。なぜ上記の傾向の飲食店が閉店するのか。同社は下記のような飲食店を取り巻く環境や状況が影響しているのでは、と分析している。飲食店の売上は、通販やテイクアウト販売を行なわない限り、多くは店舗の広さで決まる。昨今は人件費や牛肉などの一部の食材費が増加傾向にあり、売上は変わらないが、コストが増加していることが考えられる。また、駅に近い店舗の場合は、もともと賃料が高く、損益分岐点が高いため、そのような状況下では収益率が低くなってしまう。

■閉店に繋がる要素の整理と適切な閉店に関する情報

以上のように、原因を把握しておくことで対策を適切に施すことが可能。「駅前に出店=売上が上がる」という考え方だけでなく、出店の際に「損益分岐点を超える立地を探すこと」や出店後も「店舗周辺のターゲット層を読むこと」ことがますます重要になってくる。また、食材仕入れや採用コストを効率化していく重要性も増していくものと思われる。それでもやむを得ず閉店をする際には、居抜きでの店舗売却や、事業譲渡や店舗単位でのスモールM&Aなど、タイミングや手法を適切に選択し、閉店時の金銭的な負担や工数の負担を下げることも重要になってくる。今後も、飲食店.COMや居抜き情報.COMでは、閉店のマイナス要素を減らすために開業前に知っておくべきことや、閉店時に役に立つデータを集約していき、開業者や店舗運営者のサポートをさらに強化していきたいと考えているという。
「飲食店.COM」を通じて飲食店の出店や運営の支援を行なうシンクロ・フードでは、飲食店のライフサイクルをサポートするという目的のもと、飲食店の閉店や移転がトラブルなく行なえるように助言も行なっている。しかし近年、これらの事業を運営する中で、戦略的ではない閉店が非常に多く存在し、またそれらが増加してきていることを感じていたという。

 

居抜き物件・飲食店舗の売却/買取り/閉店なら居抜き情報.COM

居抜きでの店舗売却や買取りは居抜き情報.COMにお任せください。飲食店の移転・閉店で悩んだらまずは相談ください。店舗の無料査定や譲渡先の募集など、店舗売却の成約多数。


閉店するには様々な要因があるが、閉店する飲食店の傾向や特徴を把握し、それらに応じた対策を開業前から施しておくことで、閉店に繋がるマイナス要素を少しでも減らすことができるはず。そう考えた同社では今回、前出のf理由や背景から閉店する飲食店の傾向を分析。「営業年数別」「店舗の広さ別」「立地別(最寄り駅からの距離)」という3つの軸から調査を行なった

■営業年数別の閉店割合

営業年数別に見ると、閉店する飲食店の営業年数は、半数を超える60%以上が2年以内ということになる。2014年から2016年の間の推移では、2015年に営業年数1年未満が大きく増えたものの、2014年と2016年の割合はほぼ同水準であり、この3年間では、営業年数別の数値に大きな変化は生じていない。ただ、閉店する理由として、「人材難」という理由も挙がるようになってきており、今後の動向に注目していく必要がある。

■店舗の広さ(坪)別の閉店割合

広さ別に見ると、20坪以下の店舗が52.7%を占めている。飲食店の場合、20坪以下の店舗の割合が多いため、この数値だけで小規模な店舗の閉店率が高いということは言えない。しかしながら、30坪までの店舗も含めて、中小規模の店舗の閉店割合は、この3年間で緩やかに上昇している。

■立地別(最寄り駅からの距離)の閉店割合

立地別(最寄り駅からの距離)に見ると、最寄り駅から5分以内での店舗の割合が73.3%とかなり高い割合を占めている。この割合に関しても、駅近くに所在する店舗は相当数あると考えられるため、この数値だけで閉店率を判断することはできない。しかしながら、駅から徒歩5分以内に所在する飲食店の割合は3年間で上昇傾向にあり、駅近くの飲食店が必ずしも有利ではない傾向が出てきているかもしれない。

■閉店率の高い飲食店の傾向と閉店率が高くなる仮説
上記のデータ分析のとおり、「”店舗の広さは小規模(20坪未満)、最寄り駅から徒歩5分以内の立地で、営業年数は2年以内のお店”」が閉店の割合が高い。なぜ上記の傾向の飲食店が閉店するのか。同社は下記のような飲食店を取り巻く環境や状況が影響しているのでは、と分析している。飲食店の売上は、通販やテイクアウト販売を行なわない限り、多くは店舗の広さで決まる。昨今は人件費や牛肉などの一部の食材費が増加傾向にあり、売上は変わらないが、コストが増加していることが考えられる。また、駅に近い店舗の場合は、もともと賃料が高く、損益分岐点が高いため、そのような状況下では収益率が低くなってしまう。

■閉店に繋がる要素の整理と適切な閉店に関する情報

以上のように、原因を把握しておくことで対策を適切に施すことが可能。「駅前に出店=売上が上がる」という考え方だけでなく、出店の際に「損益分岐点を超える立地を探すこと」や出店後も「店舗周辺のターゲット層を読むこと」ことがますます重要になってくる。また、食材仕入れや採用コストを効率化していく重要性も増していくものと思われる。それでもやむを得ず閉店をする際には、居抜きでの店舗売却や、事業譲渡や店舗単位でのスモールM&Aなど、タイミングや手法を適切に選択し、閉店時の金銭的な負担や工数の負担を下げることも重要になってくる。今後も、飲食店.COMや居抜き情報.COMでは、閉店のマイナス要素を減らすために開業前に知っておくべきことや、閉店時に役に立つデータを集約していき、開業者や店舗運営者のサポートをさらに強化していきたいと考えているという。

開店閉店.com – 日本中の開店と閉店についての情報を集めたサイト

北海道. 中標津函館北見千歳名寄夕張室蘭小樽帯広恵庭旭川札幌根室江別留萌登別石狩稚内紋別苫小牧網走釧路. 東北. 宮城山形岩手福島秋田青森. 関東・甲信越. 千葉埼玉山梨新潟東京栃木神奈川群馬茨城長野. 東海・北陸. 富山岐阜愛知石川福井 ...

 

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170319-00010000-dime-bus_all

 

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市