東京/秋葉原アソビットシティ店舗が店舗閉店で話題!

ラオックス、秋葉原「アソビットシティ」閉店 街から店舗名消滅 /東京

 

ラオックス(港区)が3月31日、「秋葉原アソビットシティ店」(千代田区外神田1)を閉店する。(アキバ経済新聞)

 

日本国内最大規模の免税店 ラオックス株式会社

 

日本国内最大規模の総合免税店ネットワーク「ラオックス」のコーポレートWebサイト です。各店舗の情報やオンラインストアもご紹介。

 

 2002年10月、「アソビットシティ」を旧ミナミ無線電機ビル(現ドン・キホーテの秋葉原店)にオープンし、2004年4月、移転のため4店舗に分散し「1番館」「2番館」「3番館」「4番館」の名称で営業してきた同社。

 

 2005年8月には、取扱商品を分かりやすくするためアソビットシティを再編し、「アソビットキャラシティ」「同ゲームシティ」「同ホビーシティ」と名称を変更。3店舗体制で営業。

 

 2009年、中国系企業との業務資本提携に伴いアソビットキャラシティとゲームシティを閉店。ホビーシティを「アソビットシティ」としてリニューアルし、ゲーム、鉄道模型、ミリタリー、アイドルグッズ、アニメ関連商品などを取り扱う総合ホビーショップとして展開してきた。

 

 2015年には店舗を改装し、免税フロアとアニメや玩具などのホビーフロアを融合させた「ラオックス 秋葉原アソビットシティ店」としてリニューアルオープン。1階=AV(デジカメ、ムービー)、2階=理美容品、家電、3階=工芸品、4階=国産・舶来時計、5階~7階=玩具、アニメなどホビー関連商品の7フロア構成で免税店業態に注力してきた。

 

 今年1月、中国人観光客による「爆買い」の終焉と期を同じくして、フロアを縮小・改装。1階=キャラクターグッズ、2階=ホビー関連商品、3階=スケールプラモデルなどを取り扱うホビーショップとして営業していた。

 

 同店を利用していた30代女性の一人は「パソコンの街だった秋葉原に、ホビー関連商品の大型店舗を展開し、新しい風を吹き込んだ印象深い店舗。中国系企業の傘下に入って免税店にシフトチェンジしてからは足を運びづらくなったが、秋葉原の街の変遷を物語っている店舗ブランドのアソビットが消滅してしまうのは寂しい…」と肩を落とす。

 

LAOX 秋葉原アソビットシティ店 / ASOBITCITY Akihabara

 

免税フロアとアニメや玩具等のホビーフロアが融合してリニューアルオープン!

 

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00000021-minkei-l13

 

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市