スリーエフ店舗がすべての店舗を閉店で話題!

スリーエフがローソン・スリーエフに

 

スリーエフとローソンは4月12日、「スリーエフ」「q's mart(キュウズマート)」および「gooz(グーツ)」ブランドで営業している神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県の348店舗(2017年3月末現在)のうち、281店舗を「ローソン・スリーエフ」ブランドへ転換し運営すること等に関する事業統合契約を締結した。

 

星より明るくスリーエフ | スリーエフ

スリーエフは東京、神奈川、千葉、埼玉で展開するコンビニチェーンです。

 

 

 

両社は、コンビニエンスストアを取り巻く環境が大きく変化する中で、従来の取り組みに加え、より一層の経営体制強化が必要との認識で一致し、2016年4月13日に資本業務提携を締結。この資本業務提携に基づき、これまで、原材料の共通化や商品等の共同仕入れ等を進めてきた。

 

また、共同で事業を行う合弁会社「エル・ティーエフ」を新設し、2016年9月から千葉県・埼玉県のスリーエフ90店舗をローソン・スリーエフブランドへ順次転換し運営。このたび、ローソン・スリーエフにおいて、新たな顧客層の獲得などの相乗効果が得られたことから、神奈川県・東京都(一部、千葉含む)でローソン・スリーエフブランド転換を拡大していくという。

 

○「スリーエフ」ブランドの店舗をすべて閉店へ

 

2017年6月1日に、スリーエフ、q's martおよびgoozブランドで営業している281店舗をローソン・スリーエフブランドへ転換するための準備会社として「L・TF・PJ(エル・ティーエフ・ピージェー)」を新設。2017年夏より順次、ダブルブランド店舗への転換を進めた後、新設会社とエル・ティーエフの合併、およびスリーエフのコンビニエンスストア事業に関する権利義務の一部をローソンに継承する。

 

ローソン

コンビニエンスストア「ローソン」の公式ウェブサイト。店舗/ATM検索、新商品紹介、各種店舗でのサービスや活用方法などのご紹介。株式会社ローソンの企業情報掲載。ローソン「三鷹の森ジブリ美術館」情報。

 

これにより、スリーエフはスリーエフブランドの店舗をすべて閉店し、ローソン・スリーエフブランドの店舗を運営するエル・ティーエフ等の子会社管理事業と、goozの店舗運営事業、オリジナル商品の商品供給事業の3つを軸とした体制へと移行する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12925939/

 

 YouTube スリーエフ281店舗が「ローソン・スリーエフ」

「ローソン」と資本業務提携している中堅コンビニ店「スリーエフ」は、約280店舗のブランドを今年夏から順次、「ローソン・スリーエフ」に転換すると発表しました。

・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!

[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

 

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市