埼玉県さいたま市の食パン専門店舗が話題!

 さいたまの食パン専門店で新メニュー試食会付きイベント カフェ営業後の店内を有効活用 /埼玉

"パンを食べる子どもを撮影する参加者"

 食パン専門店「和むぎやろくじゅう」(さいたま市見沼区南中丸、TEL 048-685-3013)で4月22日、新メニュー試食会付きイベント「和むぎやデザイン部」が始まった。経営は小麦粉やそば粉の製造販売を手掛ける「前田食品」(幸手市)。

和むぎやろくじゅう

さいたま市見沼区の国産小麦にこだわったパン&カフェ.

 

 6月でオープン3周年を迎える同店。国産小麦と天然酵母を使った無添加食パンの販売、日替わりメニューを提供するカフェを併設する。古民家を活用した店内は梁(はり)天井と、大きな木のテーブル、ウッドデッキが特徴。

 

 マネージャーの迫田静香さんによると、カフェ営業終了後の店内を有効活用しようと今回、カフェスペースの時間貸し(1時間=2,500円)のほか、新たな試みとして同イベントを企画したという。「新商品をお客さんに試食してもらい率直な感想が聞きたい」と迫田さん。

 

前田食品株式会社

国産小麦と向き合って70年、こだわりの粉づくりを続けている埼玉県幸手市の製粉会社 です.

 

 「なりきりカメラマン」をテーマに行った第一回は、子どもを含む11人が参加。店内を自由に撮影したほか、パン、焼き菓子、ケーキなど合わせて10種以上の新商品を試食した。

 

 見沼区から家族4人で参加した児島潤一さんは「子どものために添加物に気を付けた食生活を心掛けている。ここのパンやメニューは安心感があり、おいしいので小食の子どももたくさん食べてくれる。今回は試食会と聞いて参加したが、いろいろ食べられて感激した」と笑顔を見せる。

 

 武蔵浦和から親子で参加した青木美穂さんは「仕事で近くに来た時、パンを購入する。店内も雰囲気がよくおしゃれ。子どもがまだ小さく、普段はゆっくりランチができないことが多いが、今日は子どもと一緒に楽しめた」と話す。

 

 同店スタッフの有山早矢香さんは「普段はなかなかゆっくりお客さまの話をお聞きする時間がないため、試食していただき、一つひとつ感想や意見をいただいてとても参考になった。今後の商品作りに生かし、よりおいしい商品を提供していきたい」と意気込む。

 

 同イベントは今後、1~2カ月に1度のペースで定期開催していく予定という。迫田さんは「参加していただいた人は皆さん部員。一緒に店作りを行っていきたいので、気軽に参加して率直な意見をいただけたら。夜の店の雰囲気も見どころの一つ」と話す。

 

 営業時間は、平日=8時30分~17時、土曜・日曜・祝日=7時~17時。

 

 

 

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170424-00000004-minkei-l11

 

 

 

 

 

和むぎや ろくじゅう

前田食品株式会社 彩の粉屋ブログ用の動画です。

国産小麦粉をつかっているお店を紹介しています。

 

〒337-0041 埼玉県さいたま市見沼区南中丸 見沼区南中丸316

 

内装解体工事・店舗解体工事・店舗現状回復・トランクルーム・貸し倉庫の置き去り不用品の残置物撤去片付け対応地域

 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡市・伊奈町宮代町・杉戸町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市