埼玉県内のセーブオン転換店舗が話題!

埼玉県内のセーブオン46店舗、ローソンに順次転換

コンビニエンスストア大手のローソンは23日、県内にある「セーブオン」(前橋市)46店舗を6月末からローソンに順次転換すると発表した。両社は今年1月にセーブオンがローソンブランドとして展開するメガフランチャイズ契約を締結している。7月中に県内の45店舗を切り替える。

 

 

セーブオンがローソンになっても変わらずにいてほしい8つのこと - デイリー ...

 

毎日更新のおもしろサイト、デイリーポータルZです。セーブオンがローソンに転換するそうだ。なくしてほしくないセーブオン独自の取り組み8個お伝えします。

 

 ローソンはまず6月末にセーブオン本庄早稲田駅前店(本庄市)など10店舗を転換する。残りの店舗も順次切り替えていく。セーブオン日高駒寺野新田店(日高市)だけは10月にオープンする予定だ。

 

 県内の転換店舗は通常のローソンと同様に約3500商品を販売。7月25日には記念商品も発売する。

 

 コンビニ業界は統合再編が加速している。昨年9月にはファミリーマートとサークルKサンクスが統合し店舗数でローソンを抜いた。ローソンは県内のセーブオンの店舗に続き、千葉県、栃木県の店舗も順次転換する。平成30年中にすべての店舗転換を完了させるという。

 

セーブオンが消滅 全503店舗をローソンに転換へ - ハフィントンポスト

北関東を中心に展開する中堅コンビニチェーン「セーブオン」の全店舗が、大手チェーン「ローソン」の店舗に変わることになった。 ローソンの2月1日の発表によると、、セーブオンがローソンとフランチャイズ契約を結んで、全503店を、2017年夏頃 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000050-san-l11

 

セーブオン全店をローソンに コンビニ業界再編激化

北関東を中心に店舗を展開するコンビニチェーンのセーブオンは今後、約500あるすべての店舗をローソンに転換