雑品解体工場の話題!!

国土交通省のリサイクルホームページ - 建設リサイクルの基本方針

建設工事に係る資材の再資源化に関する法律(建設リサイクル法). 特定の建設資材について、分別解体等及び再資源化等を促進するための措置を講じるとともに、解体工 事業者の登録制度を実施すること等により、資源の有効な利用の促進及び廃棄物の適正

 

雑品解体工場_from China_2012

日本国内で発生した、工業用機械や廃家電、OA製品や車両部品等々、老朽化や破損で使用できなくなったスクラップは大半が再生資源として中国に販売される。鉄や非鉄やプラスチック等、さまざまな金属や素材が混じる混合品。これらは通称「雑品」と呼ばれている。「雑品」は現地の工場で労働者により、ハンマーやノミ等を使った手作業で鉄・銅・アルミ・ステンレス・真鍮・プラスチック等々、あらゆる素材事に細かく分別解体される。作業をする労働者はグループを組んで1,000kg当たり600円~800円の解体料を受け取り、個人への賃金として振り分けられる。昨今ではストライキなどの労働闘争により、個人への賃金の上昇が続いているのでこのビジネスを手掛ける企業は採算性が著しく悪化し、存続の危機に瀕している。

雑品|非鉄金属買取情報サイト

非鉄金属相場情報メールマガジン詳細はこちら. メールマガジン携帯登録はこちらから(こちらから空メール送信で登録可能です) ※件名・本文とも空欄のままお送り下さい メルマガにて買取価格・相場情報をお知らせ