埼玉・東京・千葉の店舗内装解体一括工事お見積り無料!

 

  埼玉県、東京都、千葉県の内装解体なら埼玉の内装解体専門関東クリーンセンターへ。内装解体の見積り、内装解体ご相談は無料!埼玉・東京・千葉での店舗内装解体工事費用は自社内装解体工事で行う為、中間業者を通さないので関東クリーンセンターは格安価格です。

例えば、大手内装解体業者に依頼した場合など、中間業者、下請け内装解体業者などへの、お客様には見えない中間マージン内装解体費用が発生致します。また、インターネットでの内装解体工事一括無料見積りでも解体業者サイト管理会社(管理人)側に解体業者紹介マージン費用が発生致します。

  関東クリーンセンターでは中間マージン費用や解体業者紹介マージン費用はなく、余分な費用を掛けていないから格安価格に出来るのです。埼玉県、東京都、千葉県の店舗内装解体工事や家屋解体工事をご依頼する場合は直接KCC関東クリーンセンターまでご相談ください。


埼玉・東京・千葉の内装解体工事での注意事項

店舗内装解体工事での注意事項ですが、まず不法投棄業者にはご注意下さい。不法投棄が発覚した時、お客様にも被害が及ぶ事があります。

環境対策からも不法投棄は絶対にいけません。

 

埼玉・東京・千葉の内装解体工事お見積取得方法

当社関東クリーンセンターでは、現地調査を行いお見積り致します。

現地調査を行う最に現地調査場所図面や内装解体工事箇所を明確にする事で

有価物、産廃量をスムーズに算出し易く出来ますのでお客様とご一緒に

現地調査を行っております。

 

埼玉・東京・千葉の店舗、事務所、マンションの内装解体工事、現状回復工事までご対応

店舗の新店、開店、リフォームまたは店舗閉店時の原状回復工事を行います。
埼玉・東京・千葉の店舗やオフィス原状回復工事、飲食店の改装工事原状回復工事、原状回復工事リニューアル、店舗閉店や一部内装解体、原状回復工事などの内装解体工事をお考えのお客様は、関東クリーンセンターへお任せください。お客様の業務スケジュールや開店閉店までのスケジュールなどにあわせ、近隣に迷惑や妨げにならないよう十分に配慮しながら、迅速、丁寧な作業を致します。

 

埼玉・東京・千葉の店舗内装スケルトン解体工事や店舗原状回復工事

厨房機器什器備品の買取りも行っています。

店舗内装解体一式、店舗原状回復工事一式はKCCへお任せください。
近隣テナント配慮する為、限られた時間しか工事が出来ない等お客様のご都合、ご要望に合わせ柔軟に対応致します。
厨房機器、空調機器の買取は10年以内の機器であれば買取対象致します。

業務用冷蔵庫、熱調理機器、調理機器、ショーケース、シンク、作業台、調理台、吊戸棚、食器棚、イス、テーブル、特殊機械、店内装飾品等

 

埼玉・東京・千葉の店舗内装解体工事費用について

店舗内装解体工事費用に関しては、店舗の立地条件や建物の構造や材質、面積、周辺環境によっても価格に差がるため、現地調査依頼をお勧め致します。

店舗内装は、様々な内装材や材質がありますので、廃棄物処分料や解体作業量が解体店舗により変動してきます。また、重機やトラックなどが入れない狭い道路や山の上では、手での解体、手運びとなりますので、期間もかかり費用がかさんでしまいます。

埼玉・東京・千葉の内装解体お見積りご相談は無料ですので、関東クリーンセンターへ是非ご連絡ください。

 

埼玉・東京・千葉のレンタルコンテナ、貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け等

近年需要が高まっているトランクルーム・レンタル倉庫ですが、需要があるにつれて

トランクルームレンタル代金の延滞や代金未納で倉庫内置物を放置状態など様々な

理由で収納コンテナ倉庫管理会社様が手に付けれない状態の貸し倉庫が需要の増加と

共に増加傾向にあります。

問題の代金未納で倉庫内置き去り物件の理由として、金銭に余裕が無くなったや必要な物が要らなくなったから貸し倉庫の賃貸料金を払わない、突然に賃貸人失踪行方不明で代金未納、倉庫内放置状態や貸し倉庫代金は支払えるが高齢の為倉庫内の他移動困難、賃貸人他界で賃貸人身内相続放棄で貸し倉庫、レンタルコンテナ内不用品の

片付け搬出撤去処分を管理会社側では困難等があります。

その様な状況に応じて、レンタルルスペース、貸し倉庫、レンタルコンテナの管理会社様やオーナー様のご要望に応じ柔軟に対応しております。

 

 

2017年

1月

12日

フェイスブック傘下のインスタグラムが新たにフルスクリーン広告が導入され話題!

インスタグラム、ストーリーの「全面広告」始動 売上4千億円突破へ

 

 

 

インスタグラムが昨年8月に始動した「ストーリー」機能に、新たにフルスクリーン広告が導入される。1月11日、フェイスブック傘下のインスタグラムは30社以上のグローバル企業の広告のテスト配信を開始。ロレアルやナイキ、コカ・コーラやネットフリックス、バズフィードらの企業が参加している。



インスタグラムはこの広告を今後数週間のうちに、全広告主が利用可能にする。新たな効果測定ツールも公開し、「ビジネスプロフィール」を持つ企業アカウントは、個別のストーリー広告へのリーチやインプレッション、リプライや離脱を確認可能になる。

ストーリーは現在、1億5,000万人のデイリーユーザーを獲得しており、3ヶ月前の利用者数1億人から急上昇を遂げた。調査企業eMarketerはインスタグラムが今年、36億4,000万ドル(約4,200億円)の広告売上をもたらすと予想している。

インスタグラムの担当者は「ストーリーは今やメインストリームの広告ツールに成長した」と述べ、メンションやブーメラン、ステッカーやリンクを統合的に広告に利用できる点を強調した。「企業はストーリー広告を通じ、消費者が製品に抱く親密度をさらに確かなものにできます。消費者のナマの声を伝えることで、効果的な広告を行なえます」と述べた。

ストーリー広告は写真や動画の活用が可能で、投稿には「スポンサー」表示が添付される。「ターゲットを絞った広告配信を行なう上で、インスタグラムのストーリー広告は現在のモバイル広告の分野で最も洗練された手法の一つです」と同社の担当者は述べた。

インスタグラムの現在のデイリーアクティブユーザーは3億人。月間アクティブユーザーは6億人に達しているが、ストーリーの利用者は増え続けている(競合のスナップチャットのデイリーアクティブユーザーは1億5,000万人と伝えられている)。

広告効果は他のSNSの5倍との声も

同社の直近の報告によると、ストーリーで最も見られているコンテンツの3分の1は企業アカウントが作成したもので、全インスタグラム利用者の4分の3近くが企業アカウントのフォローを行なっている。投稿されたストーリーの5本に1本に対し、ユーザーからダイレクトメッセージが送られているとのデータもある。

英国のファッションブランド、マルベリーによるとストーリーへの投稿は、自社サイトへトラフィックを呼び込む非常に強力な手段だという。同社によるとストーリーに添付したリンクは他のSNS投稿に比べ、約5倍の誘導効果があるという。また、ストーリー投稿の7割はサウンドをオンにした状態で見られており、より没入感の高い告知効果を生んでいる。

エアビーアンドビーはストーリー広告内で、新機能の「エクスペリエンス」の告知を行ない、味噌汁の作り方を学ぶレシピ動画を掲載した。同社は米国内の18歳以上の男女にターゲットを絞った広告をインスタグラムで配信した。

エアビーアンドビーのマーケティング主任は声明で「インスタグラムのストーリーを通じた没入感の高い広告で、利用者を新たな冒険へと誘い出すことができる。体験に根ざしたストーリーを配信することで、旅行者たちを新たな旅へと向かわせるのです」と述べた。

インスタグラムは今後、Eコマース向けの新たな広告ツールも実装していく計画だ。インスタグラムが広告ビジネスに参入したのは現在から1年少し前のことだった。

「2017年のスタートにあたり、広告ビジネス分野でこれまで以上に効果的なコンビネーションを持つプロダクトを送り出すことが出来ました」とインスタグラムの担当者は述べた。

 

 

 

 

Instagram Japan (@instagramjapan) • Instagram photos and videos

世界のあらゆる瞬間をとらえてシェアしよう。 #instagramjapan #コミュニティファースト #ふわもこ部 (動物 ) #今週もいただきます (フード ) #土曜日の小旅行 (スポット) #instagramjapanシアター (動画 )

 

 

引用元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170112-00014847-forbes-sci

 

2017年

1月

10日

東京都港区の牛カツ専門店舗が話題!

六本木に地域密着を目指す牛カツ専門店 街の特徴に合わせたメニューや弁当も /東京

 

 

 

 

六本木グランドタワー(港区六本木3)に昨年12月10日、牛カツ専門店「京都勝牛 六本木グランドタワー」(TEL 03-3583-0390)がオープンした。(六本木経済新聞)

同店のメニュー「元祖 牛たれカツ丼」

 「京の割烹(かっぽう)」をコンセプトに、「和の牛カツ」を提供する店として全国展開する同店。2014年に1号店を京都に出店して以来、全国に約35店舗を構えている。ビジネスマンやメディア関係者の多い六本木の街に合わせて、丼物などのランチメニューや弁当などを用意した。

 ロースの中でも柔らかさと濃い赤みのうま味が特徴という「希少部位」の「ハネシタ」などを使って牛カツを提供する。60秒の時間にこだわって揚げ、ミディアムレアかつ薄い衣に仕上げ、「外はサクサク、中はやわらかく」を表現したメニューもあるという。「わさび醤油(しょうゆ)」や「牛カツソース」「山椒(さんしょう)塩」「京玉の半熟卵」を用意し、一度にさまざまな味が楽しめるようにする。

 メニューは、「特選牛ロースカツ膳(並)」(130グラム、1280円)や「黒毛牛カツ膳」(1,980円)などのほか、「元祖 牛たれカツ丼」(4枚、880円)や「月見ローストビーフ丼」(980円)などの丼物も。ランチタイムには、「たれカツ膳ランチセット」(920円)や「牛ロースカツ膳ランチセット」(1,280円)などを用意し、弁当類(580円~)も提供する。

 広報担当者は「定番を極めた王道のカツの味を一度味わってほしい」と話す。「同じビルに入っているほかの企業さまとタイアップして六本木の街を盛り上げていきたい。六本木で働く人はもちろん、地元の方にも足を運んでいただける地域密着型の店を目指したい」とも。

 営業時間は11時~22時(ランチタイムは14時まで)。

 

 

京都勝牛 六本木グランドタワー | ショップ&レストラン | 泉ガーデン/六本木 ...

六本木一丁目駅直結「泉ガーデン/六本木グランドタワー」の京都勝牛 六本木グランドタワーを紹介しています.

 

 

 

 

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170110-00000060-minkei-l13

 

2017年

1月

09日

パチンコ店舗減少で話題!

全国のパチンコ店が遂に一万店舗を割る。止まらない店舗減少の流れ

 

 全国のパチンコ店の組合である、全日本遊技事業協同組合連合会(通称:全日遊連)の発表によれば、加盟店舗数が2016年11月末現在で遂に10000店舗を割った。

 全日遊連には、日本全国のパチンコ店の99%以上が加盟しており、発表された資料には「9993店」と記されている。最盛期の1995年には全国に18200店舗あった店舗が、わずか20年で45%も減少した。

 直近の1年間で言えば、平均して毎月37店舗が廃業しており、18店舗が休業している。12月末には「MAX機」が完全撤去となり、遊技機の入れ替え費用の負担に耐えられず廃業する店舗が増えることは必至で、店舗減少のスピードはより加速化すると言われている。

 20年で45%の店舗数減少の理由は、大きく3つある。

 一つは、新規客が増えないこと。現在のパチンコ店のメインユーザーは、65歳~70歳の団塊の世代と、団塊ジュニアと呼ばれるその子ども達の世代(ジャンプ世代とも言われる)である。しかしそれ以降の世代、特に20代のパチンコへの新規参加数が激減しているのだ。もともと、うるさい、くさい、こわいというイメージから若者から敬遠されていたパチンコであるが、スマホゲームの普及などの娯楽の多様化により更にパチンコ店の敷居が高くなった格好だ。

 二つ目は、パチンコに使用する金額の高額化だ。高い射幸性を望むコアユーザー達のニーズに応える形で、等価交換営業へのシフトが行われ、昔のように長く遊べるものでは無くなった。現状だと大当たりを引かなかった場合、30分程で1万円が消費されることもある。

◆店舗数は激減するも、設置台数は微減に留まる

 さらには遊技機自体の高額化も問題だ。20年前には1台20万円もしなかったものが、今では新台1台当たり40万円前後となっている。遊技機費用の償却が優先される営業が、お客さんの負担になり、常連客ですら足が遠のいてしまった。

 最後の理由は、業界の地域文化の崩壊である。

 やはり20年前は、各地域(市町村の町レベル)でパチンコ店同士の申し合わせ等があった。設置台数の数や、店休日の日取り、広告宣伝のルール等、地域ごとに持ちつ持たれつの、どこか牧歌的な協業関係が築かれていた。しかし近年は、マルハン、ダイナムなどの大手ナショナルチェーン店が自由競争の原理を盾に、全国津々浦々、問答無用の出店を行い、「地域カルテル」は一挙に崩壊した。資本力に乏しく、家族で経営していたパチンコ店などひとたまりもない。

 全国8000店舗から6000店舗までの減少が「規定路線」だとも言われている。しかし、店舗数の減少スピードに対し、全国の遊技機設置台数は大きく減ってはいない。

 警察庁が毎年発表している「風俗関係事犯の取締り状況等について」によれば、5年前の平成23年には全国にパチンコ・スロット台が458万台設置されており、その数は、最新データの平成27年でも変わらない。(※2000台程度の減少)

◆地元の老舗店が大量に廃業する代わりに大型店が隆盛

 これは何を意味するのか。一言で、1000台クラスの大型店の出店が多いということ。

 200台クラスの「地元の老舗」が5店廃業し、1000台クラスの大型店が1店舗出来る。この繰り返しなのだ。実際、同データによれば、平成26年からの1年間で300台以下の店舗が232店舗減少しているのに対し、1000台以上の店舗は35店舗も増えている。

 

 

全日本遊技事業協同組合連合会: トップページ

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)は内閣総理大臣認可(国家公安委員会・警察庁管轄)の団体です.

 

 

 

 

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12515223/

 

Instagram

KCC関東クリーンセンターLINE@公式アカウント

友だち追加数

内装解体工事・家屋解体工事・店舗現状回復・レンタルコンテナ貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け対応地域
 
内装解体埼玉県全域
さいたま市(大宮区南区浦和区中央区見沼区北区岩槻区西区緑区桜区)・川口市春日部市川越市戸田市上尾市桶川市蓮田市久喜市(もと鷲宮町、菖蒲町、栗橋町)蕨市鳩ケ谷市北本市所沢市越谷市幸手市加須市朝霞市志木市和光市新座市鴻巣市富士見市ふじみ野市東松山市坂戸市熊谷市羽生市行田市鶴ヶ島市狭山市三郷市草加市八潮市吉川市日高市白岡町・伊奈町宮代町・杉戸町騎西町・大利根町北川辺町・松伏町
 
内装解体東京都全域
23区 千代田区中央区港区新宿区文京区品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区北区板橋区練馬区台東区墨田区江東区荒川区足立区葛飾区江戸川区

 

内装解体千葉県全域
千葉市 (中央区花見川区稲毛区若葉区緑区美浜区)・市川市船橋市松戸市野田市成田市佐倉市習志野市柏市市原市流山市八千代市我孫子市鎌ケ谷市浦安市四街道市印西市白井市