埼玉・東京・千葉の店舗内装解体工事一括お見積り無料!

 

 埼玉県、東京都、千葉県の内装解体なら埼玉の店舗内装解体専門関東クリーンセンターへ。

内装解体の見積り、内装解体ご相談は無料!埼玉・東京・千葉での店舗内装解体工事費用は自社内装解体工事で行う為、中間業者を通さないので関東クリーンセンターは格安価格です。

例えば、大手内装解体業者に依頼した場合など、中間業者、下請け店舗解体業者などへの、お客様には見えない中間マージン内装解体費用が発生致します。また、インターネットでの内装解体工事一括無料見積りでも解体業者サイト管理会社(管理人)側に解体業者紹介マージン費用が発生致します。

  関東クリーンセンターでは中間マージン費用や解体業者紹介マージン費用はなく、余分な費用を掛けていないから格安価格に出来るのです。

 

埼玉県、東京都、千葉県の店舗内装解体工事や店舗解体工事をご依頼する場合は直接に関東クリーンセンターまでお問い合わせください。

 

 

埼玉・東京・千葉の内装解体工事での注意事項

店舗内装解体工事での注意事項ですが、まず不法投棄業者にはご注意下さい。不法投棄が発覚した時、お客様にも被害が及ぶ事があります。

環境対策からも不法投棄は絶対にいけません。

 

 

埼玉・東京・千葉の内装解体工事お見積取得方法

当社関東クリーンセンターでは、現地調査を行いお見積り致します。

現地調査を行う最に現地調査場所図面や内装解体工事箇所を明確にする事で

有価物、産廃量をスムーズに算出し易く出来ますのでお客様とご一緒に

現地調査を行っております。

 

 

埼玉・東京・千葉の店舗、事務所、マンションの内装解体工事、現状回復工事までご対応

店舗の新店、開店、リフォームまたは店舗閉店時の原状回復工事を行います。
埼玉・東京・千葉の店舗やオフィス原状回復工事、飲食店の改装工事原状回復工事、原状回復工事リニューアル、店舗閉店や一部内装解体、原状回復工事などの内装解体工事をお考えのお客様は、関東クリーンセンターへお任せください。お客様の業務スケジュールや開店閉店までのスケジュールなどにあわせ、近隣に迷惑や妨げにならないよう十分に配慮しながら、迅速、丁寧な作業を致します。

 

 

埼玉・東京・千葉の店舗内装スケルトン解体工事や店舗原状回復工事

厨房機器什器備品の買取りも行っています。

店舗内装解体一式、店舗原状回復工事一式はKCCへお任せください。
近隣テナント配慮する為、限られた時間しか工事が出来ない等お客様のご都合、ご要望に合わせ柔軟に対応致します。
厨房機器、空調機器の買取は10年以内の機器であれば買取対象致します。

業務用冷蔵庫、熱調理機器、調理機器、ショーケース、シンク、作業台、調理台、吊戸棚、食器棚、イス、テーブル、特殊機械、店内装飾品等

 

 

埼玉・東京・千葉の店舗内装解体工事費用について

店舗内装解体工事費用に関しては、店舗の立地条件や建物の構造や材質、面積、周辺環境によっても価格に差がるため、現地調査依頼をお勧め致します。

店舗内装は、様々な内装材や材質がありますので、廃棄物処分料や解体作業量が解体店舗により変動してきます。また、重機やトラックなどが入れない狭い道路や山の上では、手での解体、手運びとなりますので、期間もかかり費用がかさんでしまいます。

埼玉・東京・千葉の内装解体お見積りご相談は無料ですので、関東クリーンセンターへ是非ご連絡ください。

 

 

 

 

内装解体とは

建築物の全体を解体する家屋解体と異なり、建築物の内装箇所を解体するのが一般的に言うと内装解体です。

内装の解体は店舗やテナントなどの建築物である貸店舗・貸テナントの賃貸物件を店舗オーナーが、店舗を閉店や移転の為に賃貸店舗の退去時に様々な賃貸契約でその契約上必要な、

賃貸物件の内装を原状回復や原状復帰といった状態やスケルトン解体にするような内装の工事を作業する事になります。

内装の造作箇所である造作全体を解体撤去するスケルトン解体工事や貸店舗物件・貸テナント物件を店舗退去時に契約上必要な内装の造作を賃貸する以前の状態に原状復帰する原状回復工事があります。

 

 

内装解体による工事作業

スケルトン解体工事は賃貸物件や投資物件である店舗やテナントを新規改装やリノベーション時に新たに内装工事を行う様に建築物躯体箇所以外の内装部分である内装化粧材料を使用してある。

天井や壁や床と給排水設備や電気配線や吸排気設備等の内装造作を解体撤去する様な解体工事をスケルトン解体工事と言います。

店舗の内装解体の場合は、居抜き希望の店舗経営者や賃貸物件・投資物件オーナーが現状の内装状態の店舗が好ましいと言う方があまりなく

スケルトン戻しといった店舗スケルトン解体をする事が通常になります。

 

 

 

原状回復による工事作業

貸店舗・貸テナントの店舗閉店や店舗移転の為や賃貸マンション・賃貸アパートの退室時に必要な賃貸契約でその契約上必要な、

賃貸物件を賃貸以前の状態に戻して返却する契約に殆どの賃貸物件はなると思います。

原状回復の場合でも内装の造作箇所が回復で必要なある場合はその原状回復前に造作を解体する時があります。

原状回復に伴う内装解体は天井や壁や床と給排水設備や電気配線や吸排気設備のその箇所やそれに付帯する内装解体を行いその後に

原状復帰工事をする事になります。

 

 

埼玉・東京・千葉の店舗内装解体による対応のお店

 飲食店舗解体業種 

居酒屋・鉄板焼き・ 寿司・うどん・そば・洋食・ダイニングバー・バー・BAR・カフェ・中華料理・ラーメン・焼肉屋・韓国料理

レストラン・ケーキ屋・パン屋・ファーストフード・インド・ネパール料理・多国籍料理店・テイクアウト・弁当

クラブ・パブ・スナック・デリバリー

物販店舗 

エステサロン・美容室・床屋・接骨院・整体・マッサージ・アパレル・エステ・歯科・歯医者・医院・病院・電化製品・家電量販店・携帯電話

金券ショップ・ペットショップ・ペット用品・ペットホテル・クリーニング 

趣味、習い事店舗 

フリースクール・進学塾・予備校・学習塾・ダンス教室・音楽教室・ピアノ教室・パソコン教室・そろばん教室・書道教室・料理教室

着付け教室・バレエ教室など

 

 

 

 

埼玉・東京・千葉のトランクルーム、貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け等

近年需要が高まっているトランクルーム・レンタル倉庫ですが、

需要があるにつれてトランクルームレンタル代金の延滞や代金未納で貸し倉庫内置物を放置状態など様々な理由で収納コンテナ倉庫管理会社様が手に付けれない状態の貸し倉庫が需要の増加と共に増加傾向にあります。

 

問題の代金未納で倉庫内置き去り物件の理由として、金銭に余裕が無くなったや必要な物が要らなくなったから貸し倉庫の賃貸料金を払わない、突然に賃貸人失踪行方不明で代金未納、倉庫内放置状態や貸し倉庫代金は支払えるが高齢の為倉庫内の他移動困難、

賃貸人他界で賃貸人身内相続放棄で貸し倉庫、レンタルコンテナ内不用品の片付け搬出撤去処分を管理会社側では困難等があります。

 

その様な状況に応じて、レンタルルスペース、貸し倉庫、トランクルームの管理会社様やオーナー様のご要望に応じ柔軟に対応しております。

 

 

 

 

 


マンション解体の話題!

資産化するマンション、廃墟化するマンション

 

「限界マンション」に日本の絶望を見た - iRONNA

 

特に、都会人の住形態の主役である分譲マンションについては、今後老朽化やスラム化、廃虚化が社会問題となる。賃貸ならば、引っ越せば問題は100%解決するが、所有者はそういうわけにいかない。

 

あまり知られていないが、マンションの「管理状態」は、売買価格にさほど反映されていない。

 

東京都内のとある場所には築40年、総戸数約200戸で同グレードのマンションが2棟並んで建っている。西側のマンションAはしっかり管理され修繕積立金も潤沢、経年による陳腐化はみられるものの建物のコンディションは良好、まだいくらでも長持ちしそうだ。

 

一方で東側のマンションBは非常にまずい状況。修繕積立金は全く足りず、必要な大規模修繕も長らくできていない。ぱっと見はよくわからないが、建物をよく見るとあちこちが老朽化し、もうそれほど長持ちしそうにない。住民の高齢化や賃貸化も進み、修繕積立金の値上げも難しく、やがて廃墟化する未来が透けて見える。

 

ところがこの両者は現在、同価格水準で売買されている。

 

会社で言えば倒産寸前

 

東京都港区、白金高輪駅直結の「白金タワー」は2005年竣工。住宅581戸、店舗22区画、総戸数603戸からなる3棟地上42階、地下3階建ての複合タワーマンション。竣工当初の管理組合は再開発地権者がそのまま理事や監事を務めていた。

 

しかし第5期の末に、再開発当初から地権者と強く関わってきた管理会社(当時、長谷工コミュニティ)のフロントマネジャーによる現金横領が発覚、役員が退陣し理事、監事が総入れ替えとなった。

 

第6期から理事に就任し、第7期から理事長を務めている星野芳昭氏は、長年、企業の統治改革や幹部研修、自治体の行政改革や公共調達等のコンサルティング活動を実践してきたが、それまでは管理組合には全く関心を持たなかった。しかし、総会に参加して管理組合の実態を知り「これは放っておけない。会社で言えば倒産寸前、再建を舵取りしないといけない」と週末に管理組合の改革に時間を費やすことを決意した。

 

まずは共用部のカーペット張り替え工事の見直しに着手。当時の管理会社提示の見積もりが約3600万円だったところ競争入札にして1000万円以上のコストダウンを実現。調達ガイドラインも制定した。

 

同時に業務の見直しに着手。新たな業務仕様と独自の審査方式に基づき、指名競争型企画コンペ方式を採用。指名業者の中にはあえて長谷工コミュニティを含めて、地権者の心情を配慮した。1次審査、2次審査を経て、最終的には三井不動産住宅サービス(現、三井レジデンシャルサービス)が決定となった。委託料といったコスト面より、マンションの資産価値向上への姿勢や課題解決能力、現場責任者の人事的な重要性等を重視した。

 

「三井の本気度合いを確信したのは、初代の事業所長に本社の人材開発部の課長を当て、実際に赴任が決定した際に面談をした時だ」と星野氏は振り返る。以降、三井は事業所長及びマネジャーにエース級の人材を配置することになる。

 

管理会社の変更は居住者に「良くなった」という印象を与えたが、それだけでは再建には繋がらない、最大の課題は四分の三と言う特別決議を成立するために区分所有者の責任意識(オーナーシップ)を醸成し、その意志が反映出来る管理組合の経営確立と考えた。

 

不動産再生コンサルタント - 廃墟化する建て替え不能な老朽化マンション

廃墟化する建て替え不能な老朽化マンションの悲劇【18年には築50年超のマンションが全国で5万戸に達する。震度7の大地震にも耐える、現在の耐震基準が定められる前に建築された「旧耐震」のマンションは、全国に106万戸存在する】

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00021667-forbes-bus_all

レオパレスが建築基準法違反の疑いで話題!

レオパレスのアパートに建築基準法違反の疑い

 

建築基準法(建築・法律)無料チェック | 建築再構企画

残念なことに世間をあれだけ騒がせた耐震偽装事件以降も、特に内装工事の現場ではまだ多くの建築基準法や都市計画法などの関連法規(以下法律)に違反する工事が行われています。

 

レオパレス21は29日、1996~2009年に施工したアパートで、建築基準法違反の疑いがある物件を少なくとも38棟確認したと発表した。共同通信が報じた。

 

レオパレス21にまたガイアの夜明け砲、防火隔壁がない違法建築

レオパレス21 当社施工物件における界壁工事の不備について https://t.co/A4wCUrZkxe 1996年~2009年に建てられた、当社施工物件の一部において、建築基準法に違反の疑いのあるものが発見 

 

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14785294/

中野サンプラザ解体の話題!

「中野サンプラザ」解体めぐり攻防 音楽業界からも惜しむ声

 

取り壊しの噂がここ数年ずっとありますが・・・ - 中野サンプラザの口コミ 

取り壊しの噂がここ数年ずっとありますが・・・ - 中野サンプラザ(東京)に行くならトリップアドバイザーで口コミを事前にチェック!旅行者からの口コミ(19件)、写真(14枚)と東京のお得な情報をご紹介しています。

 

新宿区に隣接する中野区では中野サンプラザの解体を巡り、区と地元商店街との間で攻防戦が繰り広げられているという。

 

 コトの発端は、4月5日に開かれた中野区の記者会見。そこで、田中大輔区長(66)が2024年をメドに中野区役所と中野サンプラザを取り壊して、その跡地に1万人収容可能なアリーナを建設すると表明したのだ。

 

「うちの商店街は全会一致で、解体に反対です」

 

 こう憤りを隠さないのは、中野北口昭和新道商店街会長の長谷部智明氏だ。

 

「中野で生まれ育った者にとって、中野サンプラザは唯一無二の存在。老朽化といっても、それほど大きな問題はないし、経営も順調だと聞いています」

 

 1973年開業の中野サンプラザは、旧労働省所管の雇用促進事業団の所有だったが、民間に売却。14年前に「株式会社中野サンプラザ」が設立されて、毎年1億円程度の利益を上げている。

 

中野サンプラザ解体ホール建設へ|BIGLOBEニュース

中野区は、3月22日に発表した「区役所・サンプラザ地区再整備実施方針(案)」で、文化複合施設「中野サンプラザ」を解体し、アリーナ施設を設けることを明らかにした。アリーナ施設は最大収容人数1万人で、2025年の完成を目標としている。

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14774175/