埼玉・東京・千葉の店舗内装解体工事一括お見積り無料!

 

 埼玉県、東京都、千葉県の内装解体なら埼玉の店舗内装解体専門関東のクリーンセンターへ。

内装解体の見積り、内装解体ご相談は無料!埼玉・東京・千葉での店舗内装解体工事費用は自社内装解体工事で行う為、中間業者を通さないので関東クリーンセンターは格安価格です。

例えば、大手内装解体業者に依頼した場合など、中間業者、下請け店舗解体業者などへの、お客様には見えない中間マージン内装解体費用が発生致します。また、インターネットでの内装解体工事一括無料見積りでも解体業者サイト管理会社(管理人)側に解体業者紹介マージン費用が発生致します。

  関東クリーンセンターでは中間マージン費用や解体業者紹介マージン費用はなく、余分な費用を掛けていないから格安価格に出来るのです。

 

埼玉、東京、千葉の店舗内装解体工事や店舗解体工事をご依頼する場合は直接に関東クリーンセンターまでお問い合わせください。

 

 

埼玉・東京・千葉の内装解体工事での注意事項

店舗内装解体工事での注意事項ですが、まず不法投棄業者にはご注意下さい。不法投棄が発覚した時、お客様にも被害が及ぶ事があります。

環境対策からも不法投棄は絶対にいけません。

 

 

埼玉・東京・千葉の内装解体工事お見積取得方法

当社関東クリーンセンターでは、現地調査を行いお見積り致します。

現地調査を行う最に現地調査場所図面や内装解体工事箇所を明確にする事で

有価物、産廃量をスムーズに算出し易く出来ますのでお客様とご一緒に

現地調査を行っております。

 

 

埼玉・東京・千葉の店舗、事務所、マンションの内装解体工事、現状回復工事までご対応

店舗の新店、開店、リフォームまたは店舗閉店時の原状回復工事を行います。
埼玉・東京・千葉の店舗やオフィス原状回復工事、飲食店の改装工事原状回復工事、原状回復工事リニューアル、店舗閉店や一部内装解体、原状回復工事などの内装解体工事をお考えのお客様は、関東クリーンセンターへお任せください。お客様の業務スケジュールや開店閉店までのスケジュールなどにあわせ、近隣に迷惑や妨げにならないよう十分に配慮しながら、迅速、丁寧な作業を致します。

 

 

埼玉・東京・千葉の店舗内装スケルトン解体工事や店舗原状回復工事

厨房機器什器備品の買取りも行っています。

店舗内装解体一式、店舗原状回復工事一式はKCCへお任せください。
近隣テナント配慮する為、限られた時間しか工事が出来ない等お客様のご都合、ご要望に合わせ柔軟に対応致します。
厨房機器、空調機器の買取は10年以内の機器であれば買取対象致します。

業務用冷蔵庫、熱調理機器、調理機器、ショーケース、シンク、作業台、調理台、吊戸棚、食器棚、イス、テーブル、特殊機械、店内装飾品等

 

 

埼玉・東京・千葉の店舗内装解体工事費用について

店舗内装解体工事費用に関しては、店舗の立地条件や建物の構造や材質、面積、周辺環境によっても価格に差がるため、現地調査依頼をお勧め致します。

店舗内装は、様々な内装材や材質がありますので、廃棄物処分料や解体作業量が解体店舗により変動してきます。また、重機やトラックなどが入れない狭い道路や山の上では、手での解体、手運びとなりますので、期間もかかり費用がかさんでしまいます。

埼玉・東京・千葉の内装解体お見積りご相談は無料ですので、関東クリーンセンターへ是非ご連絡ください。

 

 

内装解体とは

建築物の全体を解体する家屋解体と異なり、建築物の内装箇所を解体するのが一般的に言うと内装解体です。

内装の解体は店舗やテナントなどの建築物である貸店舗・貸テナントの賃貸物件を店舗オーナーが、店舗を閉店や移転の為に賃貸店舗の退去時に様々な賃貸契約でその契約上必要な、

賃貸物件の内装を原状回復や原状復帰といった状態やスケルトン解体にするような内装の工事を作業する事になります。

内装の造作箇所である造作全体を解体撤去するスケルトン解体工事や貸店舗物件・貸テナント物件を店舗退去時に契約上必要な内装の造作を賃貸する以前の状態に原状復帰する原状回復工事があります。

 

 

内装解体による工事作業

スケルトン解体工事は賃貸物件や投資物件である店舗やテナントを新規改装やリノベーション時に新たに内装工事を行う様に建築物躯体箇所以外の内装部分である内装化粧材料を使用してある。

天井や壁や床と給排水設備や電気配線や吸排気設備等の内装造作を解体撤去する様な解体工事をスケルトン解体工事と言います。

店舗の内装解体の場合は、居抜き希望の店舗経営者や賃貸物件・投資物件オーナーが現状の内装状態の店舗が好ましいと言う方があまりなく

スケルトン戻しといった店舗スケルトン解体をする事が通常になります。

 

 

 

原状回復による工事作業

貸店舗・貸テナントの店舗閉店や店舗移転の為や賃貸マンション・賃貸アパートの退室時に必要な賃貸契約でその契約上必要な、

賃貸物件を賃貸以前の状態に戻して返却する契約に殆どの賃貸物件はなると思います。

原状回復の場合でも内装の造作箇所が回復で必要なある場合はその原状回復前に造作を解体する時があります。

原状回復に伴う内装解体は天井や壁や床と給排水設備や電気配線や吸排気設備のその箇所やそれに付帯する内装解体を行いその後に

原状復帰工事をする事になります。

 

 

埼玉・東京・千葉の店舗内装解体による対応の店舗

 飲食店舗解体業種 

居酒屋・鉄板焼き・ 寿司・うどん・そば・洋食・ダイニングバー・バー・BAR・カフェ・中華料理・ラーメン・焼肉屋・韓国料理

レストラン・ケーキ屋・パン屋・ファーストフード・インド・ネパール料理・多国籍料理店・テイクアウト・弁当

クラブ・パブ・スナック・デリバリー・ナイトクラブ

物販店舗 

エステサロン・美容室・床屋・接骨院・整体・マッサージ・アパレル・エステ・歯科・歯医者・医院・病院・電化製品・家電量販店・携帯電話・床屋

金券ショップ・ペットショップ・ペット用品・ペットホテル・クリーニング 

趣味、習い事店舗 

フリースクール・進学塾・予備校・学習塾・ダンス教室・音楽教室・ピアノ教室・パソコン教室・そろばん教室・書道教室・料理教室

着付け教室・バレエ教室など

 

 

 

 

埼玉・東京・千葉のトランクルーム、貸し倉庫の置き去り残物撤去片付け等

近年需要が高まっているトランクルーム・レンタル倉庫ですが、

需要があるにつれてトランクルームレンタル代金の延滞や代金未納で貸し倉庫内置物を放置状態など様々な理由で収納コンテナ倉庫管理会社様が手に付けれない状態の貸し倉庫が需要の増加と共に増加傾向にあります。

 

問題の代金未納で倉庫内置き去り物件の理由として、金銭に余裕が無くなったや必要な物が要らなくなったから貸し倉庫の賃貸料金を払わない、突然に賃貸人失踪行方不明で代金未納、倉庫内放置状態や貸し倉庫代金は支払えるが高齢の為倉庫内の他移動困難、

賃貸人他界で賃貸人身内相続放棄で貸し倉庫、レンタルコンテナ内不用品の片付け搬出撤去処分を管理会社側では困難等があります。

 

その様な状況に応じて、レンタルルスペース、貸し倉庫、トランクルームの管理会社様やオーナー様のご要望に応じ柔軟に対応しております。

 

 

 

 


飲食業の倒産状況が過去最多話題!

 

2020年の「飲食業」倒産は、1-8月累計で583件(前年同期比13.2%増)に達した。

 これまで通年(1-12月)で最多だった2011年の800件を抜き、年間最多を更新する可能性が高まった。

 

飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている

 

大手外食チェーンが倒産することもある一方で、あまり美味しいとも思わない中華料理店が、数十年も続いていることもある。みなさんの家の近くにも、 いわゆる「町中華」が何店舗か存在するだろう。

 

 居酒屋だけでなく、うどん・そば店、すし店、専門料理店など、幅広い価格帯の業種で軒並み倒産が増加しており、コロナ禍で顧客の足が止まった影響が飲食業を直撃している。

 

 飲食業は、2019年後半から2020年2月まで人手不足に伴う人件費上昇で倒産が増勢をたどっていた。そこに2月以降、新型コロナウイルス感染拡大によるインバウンド需要消失、外出自粛に加え、休業や営業時短の要請もあって経営環境が一変。

3月は75件(前年同月59件)、4月も80件(同62件)と急増し、5月は裁判所の一部業務縮小などで21件(同76件)に減少したが、6月以降はさらに深刻さを増し、月間100件に迫る高水準で推移している。

 

 負債総額は368億円(前年同期比5.4%増)で、2年連続で前年同期を上回った。ただ、負債1億円未満が524件(構成比89.8%)、資本金1千万円未満が521件(同89.3%)と、小・零細企業が約9割を占め、資金力の乏しい事業者がコロナ禍で苦境に直面していることを示している。

 

 国や自治体の各種支援策が奏功し、企業の資金繰りは一時的に緩和している。また、9月中には「Go To Eatキャンペーン」が始まる。東京都も23区内の酒を提供する飲食店の営業時間の短縮要請を9月15日で終了する予定になっている。

 

 「with コロナ」に向け経済活動は動き出しているが、コロナ前の売上に戻るには相当の時間が掛かりそうだ。さらに、新しい生活様式に合わせたビジネスモデルの転換も必要になる。飲食業は小・零細企業が多く、業態変更も難しいだけに、倒産だけでなく廃業の動きも注目される。

 

 

※本調査は、日本産業分類の「飲食業」(「食堂,レストラン」「専門料理店」「そば・うどん店」「すし店」「酒場,ビヤホール」「バー,キャバレー,ナイトクラブ」「喫茶店」「その他の飲食店」「持ち帰り飲食サービス」「宅配飲食サービス業」)の2020年1-8月の倒産を集計、分析した。

 

飲食店の倒産/上期過去最多「酒場・中華・日本料理」倒産増 

 

飲食店は、人手不足や社長の高齢化、後継者不足、改正健康増進法の施行など、 複合的な問題を抱えるなかで、2019年に732件と倒産件数が過去最多を更新した。

 

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/1422d27bb6793ee848acac7b6c4b355dbf1ff7ba